イシャーの武器店 (A.E.ヴァン・ヴォークト著:創元推理文庫SF)

 私の子供時代にタイトルは見ていた作品ですが、読んだのは今回が初めてとなります。作者のヴァン・ヴォークトはSF黄金期を支えたカナダ出身(ただし後に米国籍)の大作家で、デヴュー作「宇宙船ビーグル号の冒険」や「スラン」が特に有名です。今回取り上げる「イシャーの武器店」は日本では後に出版されたの「武器製造業者」との二部作を成すという事は昔から認識していましたが、解説によると実は「武器製造業者」の方が先に(1947年)書かれておりそちらが本編で、1951年に書かれた「イシャーの武器店」は外伝に近い作品のようです。
 物語の最初に登場して未知の世界に投げ込まれる20世紀の新聞記者マカリスターがてっきり主人公かと思って読み進めるとさにあらず、実際の主人公はケイル・クラークとイシャー帝国の女帝イネルダであり、さらに彼らの行動を操っているシリーズを通しての主人公は武器店の創設者である不死者ヘドロックという奇妙な構成の作品で、マカリスターは時間振り子の一方の錘としてとてつもない未来と過去とを行ったり来たりする役割しか果たしていません。もちろんラストの一行で彼の行為が物語世界のすべてを作っている事が判るのですが、それは半ばメタな話で実際の話には一切かかわってきません。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

銀河の間隙より (ランドル・ギャレット著:ハヤカワ文庫SF)

 ずっと以前の中学か高校生時代に一度読んで印象に残っていたSF作品ですが、今回再読してみたところ記憶にない部分が多く、覚えていたのは展開の一部のみだった事を知りました。「銀河の間隙より」という邦題は侵略ものSFの半数くらいには当てはまるのではないかと思えるほどありきたりで、原題の"Anything You can do..."(きみにできるあらゆること)をそのまま生かすべきだったのでは。著者のランドル・ギャレット(ただし発表時のペンネームはダレル・T・ランガート)は魔術が支配するパラレルワールドでの推理小説「ダーシー卿」シリーズが有名な米作家で、内容的には相当に科学的・社会学的考察のしっかりしたSF作品です。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

ラブスター博士の最後の発見 (アンドリ・S・マグナソン著:創元SF文庫)

 昨年新聞の書評で見て記憶に留めていたアイスランド作家のSF小説ですが、さらにpiaaさんのレヴューを読んで購入を決めました。作品自体は良かったのですが相当久しぶりに文庫本を購入したので、通常の厚さの文庫本が本体価格1000円とはいつの間こんなに本が高くなっていたんだろうとびっくりしました。また、裏のカバーの紹介文「優しくてちょっと奇妙な・・・」は、piaaさんも書かれている通り何だかずれているように思います。以前に紹介した「すばらしい新世界」や「1984年」が20世紀のディストピア小説なら、こちらはビッグデータが支配する21世紀のディストピア小説というべきでしょうか。
 現実世界でamazonで買い物をするとしつこい「関連商品」の広告に悩まされるのは、顧客の買い物情報を蓄積したビッグデータの解析によってamazonが推測した「次に買いそうなもの」を勧めてくる仕組な訳ですが、ビッグデータ解析が究極まで進んだ世界がどうなるのかというのが、この作品の一方のテーマです。ショッピングサイトが蓄積しているのは(本当にそれだけか疑いの余地はあるものの)公式には自社サイトを通した買い物データだけですが、インターネット関連の全ての事業を傘下に収める巨大企業グループが成立し、生体に埋め込まれた端末や超小型監視装置によって個人の全ての行動データを蓄積・解析する事が可能になったとき、個人はもはや自由意志で行動する事は出来ず、「あなたにとって最適」という形で強制された生活を送るようになるこの作品世界は、決して現実味のないものではありません。すでに現実のものになったウェアラブル端末や、「公共の安全」という大義名分によってすっかり受け入れられている街中の監視カメラがさらに進歩していけば、技術的には十分にあり得る近未来図です。
 他方で「世界中の祈りの行き先」や「ラブゴッド」にまつわる部分はかなり幻想的な展開であり、また「インラブ」によって引き裂かれたインドリティとシグリッドの試練と遍歴は深刻でありながらどこかユーモラスです。インラブがシグリットの「運命の人」と計算したペル・ムラの正体がシステムをハックしたストーカーだった展開はかなりぞっとしました。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

フリアとシナリオライター (マリオ・バルガス=リョサ著:国書刊行会)

 ペルーの大作家が1977年に書いたユーモア小説で、主人公と義理の叔母フリアとの恋愛騒動の章と天才的ドラマ作家ペドロ・カマーチョによるラジオドラマの作中話章とが交互に描かれていく小説です。フリアパートはバルガス=リョサ本人の半ば自伝であり、この小説の発表後に前夫人で義理叔母であるフリアから名誉棄損で訴えられたという落ちが付いています。10歳以上年上のしかも親戚の女性との恋愛という事で当然両親からは猛反対され、その騒動と駆け落ち結婚の顛末が興味深いのですが、フリアはかなり魅力的な女性として描かれているので、プライバシー侵害ならともかく名誉棄損は当たらないような気がします。
 一方でラジオドラマパートの章は、特に初めの数話は短編小説として非常に面白くて読んでいて引き込まれました。二話目の主人公リトゥーマ軍曹はバルガス=リョサの他のいくつかの作品にも脇役として登場する人物であるため、てっきり主人公と同じ世界の話と思ってこの辺りまでは読み進んでいて、フリアパートの方でそれまでのラジオドラマに対する視聴者の反応の良さが書かれて初めて作中話である事を理解したほどです。これらのドラマはどうやら少なくとも4つが同時並行的に放送されており、ボリビアから来た「天才」シナリオライターのペドロ・カマーチョが超人的なペースですべてのシナリオを書き続けています。しかし途中から別々のドラマの登場人物が混じり合い、さらには本来別々の人物が一人になったりして段々とドラマシナリオが混乱していきます。これはドラマやコミックなどで良くあるスターシステムとは異なり、自身で誰が誰なのか判らなくなってきたペドロ・カマーチョの混乱によるものであり、それを自覚した彼が登場人物整理のための(ドラマ上の)大虐殺を毎回行うようになって大混乱に陥り、放送局に苦情が殺到したあげくに遂には彼は精神病院送りとなってしまいます。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

Juno探査機の木星接近

 この5月まで何とか広告が出ないようにこのブログの更新を続けていましたが、忙しさにかまけて放置しているうちに前の記事から30日が経ち、広告が出るようになってもさらに放置していました。実はある本の感想記事を書きかけなのですがうまく纏まらずに中断しているので、とりあえず宇宙探査関係の新たな記事を書きます。
 2011年8月5日に打ち上げられたNASAの木星探査機Junoが木星の磁気圏内に入り、本格的な観測が始まる模様です。NASAの探査機と言えば、昨年冥王星探査を行ったNew Horizonsも木星の観測を行っていますが、この時は打ち上げからわずか13ケ月で木星を通過しています。それに比べてJunoの木星到着がはるかに時間が掛ったのは、この探査機が通過型ではなく木星周回軌道に入る滞在型のため、木星に対して小さな相対速度で近づく必要があるためです。実際Junoは一旦火星軌道の外側まで出てから再び戻って2013年10月9日に地球スイングバイを行い、そこで速度を得て木星接近軌道に入りました。またこの探査機は外惑星探査機としては初めて原子力電池ではなく大きな三枚の太陽電池を電源として使っています。90年代にやはり木星周回軌道に入ったGalileo探査機とは異なり、Junoは極を通る周回軌道で木星系の観測を行う計画です。
 ところでNew HorizonsとJunoとは共にニューフロンティア計画と呼ばれる一連の宇宙探査シリーズの一つで、3番目の探査機であるオリシス・レックス(OSIRIS REx)が今年の9月に打ち上げ予定です。こちらは小惑星サンプルリターンミッションであり、2023年に地球帰還予定との事です。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク