図書館大戦争 (ミハイル・エリザーロフ著:河出書房新社)

 「図書館戦争」はもちろん日本の小説ですが、きわめて似た日本語タイトルのこちらは現代ロシアの小説です。原題の直訳は「図書館司書」であり、この邦題には「図書館戦争」に意図的に似せた訳者と出版社の商魂を感じます。作者ミハイル・エリザーロフの生まれは旧ソ連時代のウクライナ(1973年)ですが、ロシア語で著作活動をしているロシア作家です。実はこの本を読んだのは一年以上前の事で、新聞の書評を見て興味を持って図書館で借りて読み、実際にかなり印象には残ったものの読んでいて気分が悪くなるような暴力とカルト描写にかなり引いてしまい、これまで紹介せずにいました。今回改めて記事をまとめる気になったのは、同じく現代ロシアの小説である「氷三部作」を読んで、「図書館大戦争」と同じテイストを感じたからです。
 現代ではほぼ忘れ去られているソ連の作家グロモフの書いた7つの本は、集中して一気に読むと読者に不思議な作用を与えるため、その力を知る熱狂的な読者には本来のタイトルではなくそれぞれ「記憶の書」「力の書」「喜びの書」「忍耐の書」「権力の書」「憤怒の書」「意味の書」と呼ばれ、貴重な宝物として扱われています。そして本を共有する読者のグループは「司書」をリーダーとする「図書館」や「読書室」を作り、本を奪い合う血みどろの戦いを繰り広げています。もちろんその戦いは本の力を知らない一般人には分からないところで行われており、戦いによる死者や重傷者も警官や医者を買収するなどして通常の事故によるものとして処理されています。このような、グロモフの本の不思議な力の発見と各図書館の成立およびその抗争の歴史が、この作品の初めの部分をなしています。グロモフの小説はソ連時代の公式に認められた文学である硬直した「社会主義レアリズム」の作品であり、大部分の読者には退屈あるいは馬鹿馬鹿しくて真面目に読む気がしない代物です。そのためソ連時代にさえ「集中して一気に読む」読者は稀であった上に、ソ連崩壊後は紙くず扱いされてほとんど目に留める人もいなかったのが、偶々何かのはずみに集中して読んだ読者が段々と図書室・図書館を形成し抗争が繰り返されていく過程は、ファンタジー世界の歴史記述にように読めて中々面白く感じました。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

干支天使チアラット

 他のサイトで偶々存在を知って、このところマイブームのWebコミックです。すでに単行本化されて2巻まで市販されていますが、公式サイトでは最新話を含めて10話分と第1話を無料で読む事ができます。「セーラームーン」に代表される戦闘美少女チームものですが、メンバーがいかにも現代の女子中高生な上にいずれも性格が少し歪んでおり、また敵の怪人らの行動や攻撃が卑猥だったりとかなりパロディの要素を含みながら、一方でメンバーの精神的成長というこのジャンルの中心テーマもしっかり押さえている作品です。
 基本設定としては、干支の動物を決める際にネズミに騙されたネコが数千年の時を経て化け猫の化身として蘇り、ネコ抜きの干支に何の疑問も持たない愚かな人類を恨みや妬みのエネルギー(怨ネルギー)によって生じる「怨魔」を使って滅ぼそうとするのに対し、次々と覚醒する十二支の化身である干支天使(エトランジェル)がそれを阻止するという筋書きで、干支天使はそれぞれの干支の生まれの少女(少なくとも若い女性)というのがポイントです。変身後の姿がチアガールのコスチュームなので、メンバーの名前はすべて「チア〇〇」となっています。最終的には12人の干支天使が登場するのでしょうが、その場合メンバー間に最小でも12歳の年齢差が生じる事になります。
 他作品のパロディの部分がかなりシャレにならないレベルなので、どこかからの圧力がかかるのではと心配する声もあるようですが、私が気になったのはいくつかのネーミングセンスの方です。敵サイドではなく善サイドで「ジェノサイド」や「KKK」は、この作者の場合確信犯的にやっているのだろうと思いますが、ナチスのカギ十字と同じレベルに拙いのではないでしょうか。
 私が読んでいるのは公式サイトの公開分とWeb検索で読める単行本の一部のみなので未だストーリー全話は把握できておらず、さらにタレントには全く疎いために、モブとして登場しているのが具体的に誰なのか等はほぼ理解していません。とりあえず主要登場人物のみ紹介してみます。

続きを読む»

テーマ:アニメ・コミック - ジャンル:アニメ・コミック

場所 (マリオ・レブレーロ著:水声社)

 「フィクションのエルドラード」は中南米作家の作品を集めた水声社の叢書ですが、今回紹介する「場所」はその一冊です。1982年に発表されたウルグアイの作家マリオ・レブレーロ(1940--2004)の中編小説で、「都市」、「パリ」と共に「意図せぬ三部作」と呼ばれています。訳者の寺尾隆吉氏はレブレーロを阿部公房に准えていますが、突然異常な世界に投げ込まれた主人公が周囲と意思疎通できぬまま彷徨うという展開から私が連想したのは、以前に紹介したミハル・アイヴァスの「もう一つの街」とカリンティ・フィレンツの「エペペ」でした。ただしこれらに比べると同じ不条理小説でも第二部以降の不条理度はやや低く、第二部では主人公と同様にこの場所に迷い込んだ現実世界の様々な人々と主人公は意思疎通ができていますし、第三部ではむしろ現実世界でもあり得るような暴力の不条理さが目立っています。さらに言えば、外が見えない奇妙な建物の中を一方方向にひたすら進むという第一部の展開自体も、一度体験した事を戻って再び体験する事ができない人生を象徴したものとも捉える事が可能で、そう考えると「もう一つの街」や「エペペ」とはかなり異なる現実世界の戯画的小説とも思えてきます。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

天使の恥部 (マヌエル・プイグ著:白水社 Uブックス)

 少し前に紹介した「ヴィーナス・プラスX」は、リベラルな人間の心の奥底にも潜んでいるトランスセックスへの偏見をテーマとしたジェンダー系SFでしたが、今回紹介する「天使の恥部」は社会の中のマチズモ(通常「男尊女卑」と日本語訳されるが微妙にずれている)とそれに対する女性たちの選択をテーマとしたジェンダー系小説です。通常は一般小説に分類されると思いますが、未来世界のパートはSFとして読む事も十分に可能です。マヌエル・プイグ(1932--1990)はアルゼンチン出身の作家で、恐らくもっとも有名な作品は映画化もされた「蜘蛛女のキス」でしょう。
 第二次大戦前後の時代の名前を明らかにされない世界一の美人女優と現在(1975年)不治の病でメキシコの病院に入院中のアナ、そして天変地異後の未来世界で男性の性的欲望の処理を行う公的任務を行うW218という三人の女性主人公のパートが表面的には全く交わらずに描かれていますが、現実の世界にいるアナが病床で見ている夢の世界が残りの二人のパートであるというのが最も自然な解釈と思います。マチズモを絵にかいたような最初の夫フィトやその後に結婚を迫るアレハンドロからメキシコに逃れた主人公アナは、母国の抑圧的政権への反政府活動を支援する弁護士ボッシと付き合っているものの、彼の行動原理もまた形を変えたマチズモである事に不満を抱いています。その不満に対するアンチテーゼとして素晴らしいラブストーリーとして夢見たのが残り二人の人生という事のようで、一見すると地獄のようにも思われるW218の運命も、彼女にとってはうんざりしている現実よりははるかに素晴らしく思えるのでしょうか。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

氷三部作 (ウラジミール・ソローキン著:河出書房新社)

 氷三部作とは、現代ロシア作家ウラジミール・ソローキンによって今世紀初め(2002--2005)に書かれた「ブロの道」「氷」「23000」から成る一大サーガです。SFと分類しても問題ない気もしますが、やや幻想小説あるいは怪奇小説に近いかもしれません。
 1908年シベリアに落ちたツングースカ隕石の調査隊に加わって現地に到達して隕石の正体である巨大な氷に触れ、はるか昔から宇宙に存在していた「原始の光」である23000の魂が自分を始めとする地球の人間の中に閉じ込められている事を思い出した男(彼の「真の名前」がブロ)が、囚われた魂の開放のための「兄弟団」を立ち上げロシア革命以降のソビエトさらにソ連崩壊後のロシアを中心として暗躍するという展開は、一見すると例えばフリーメーソンによる世界支配といった陰謀史観系の話に見えます。しかしブロを始めとする「兄弟」たちは「肉」(彼らの言葉での通常の人間)の世界の出来事には基本的に無関心であり、政権内での暗躍も政治支配のためではなく単に「兄弟探し」の目的を容易に行うためです。その結果、スターリン政権下の大粛清や第二次大戦でのユダヤ人虐殺などには彼らの魂の宿った人間たちも巻き込まれ、例えば3番目に覚醒した「兄弟」であるデリーベス(実在の人物)はチェーカーの幹部としてブロたちの行動を助けますが、史実通りに最後は大粛清によって処刑され、彼の作ったチェーカー内の組織も大打撃を受けます。
 第一部「ブロの道」では、兄弟団の創設からその発展と降りかかる困難が主にソビエトの歴史に重ねて描かれているのに対し、第二部「氷」では、ソ連が崩壊して金がすべての世界に変わった現代ロシアにおいて、健康器具系の新興企業としての表の顔の裏でカルト集団としての活動を続ける兄弟団が描かれています。兄弟たちの魂の宿る肉体は金髪碧眼という著しい特徴があるものの、実際に魂が眠っているのは金髪碧眼の人間のごく一部であり、眠った魂を呼び覚ますのは拉致して心臓の上を氷のハンマーで殴打するという荒っぽい方法が必要です。そのため実際には兄弟たちの魂の宿っていない人間がこの処置を受けて死亡したり重傷を負ったりしており、第三部「23000」ではその被害者たちの立場から見た兄弟団が描かれています。兄弟団を密かに調査して彼らに復讐をするはずが却って囚われた通常人の男女二人は、隙を見て脱出するもののそれもまた彼らの手のひらの上で踊らされていたものでした。ついに23000の魂すべてを覚醒させた兄弟団は、ある無人島に集まって行う儀式に手助けが必要であり、二人はその役割を担わされます。その結果、どうやら23000の魂は目的を果たして地球から去るのですが、通常人から見ればそれは「人民寺院事件」と同様の、カルト集団による集団自殺そのものです。オウム真理教も日本以外で最も信者が多かったのがロシアであったように、どうもロシア人にとってカルトは結構波長が合うものなのかもしれません。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク