FC2ブログ

侍女の物語 (マーガレット・アトウッド著:早川epi文庫)

 1948年に書かれた「1984年」と同様に近未来の抑圧社会を描くディストピア小説で、こちらは1986年の作品です。書かれた当時にモデルとしてまずイメージされるのは、注釈」でも言及されているように、女性の権利が大きく制限されているイランやサウジアラビアなどの宗教保守派が権力を握るイスラム国家であり、近年でもタリバンやISに支配された社会がまず想起されるはずです。しかしながら同時に、2016年の米大統領選後には、アメリカ自身のありうる最悪の未来予言として「1984年」と共に取り上げられるようになりました。この作品の舞台であるギレアデ共和国は、21世紀初頭のアメリカ合衆国において(トランプ大統領の支持基盤の一つでもある)キリスト教原理派によるクーデターによって作られた神権国家と設定されているため、「1984年」よりもさらにありうる米国の未来としてイメージされ、最近になってTVドラマ化もされているようです。
 物語はギレアデ共和国の「侍女」である主人公の一人称で語られ、すべて彼女の目線で描かれています。「侍女」とは「司令官」と呼ばれる指導階級の男性の子供を産むために国家から派遣されるいわば「子産み女」であり、彼女らは本名を奪われ司令官の付属物として、彼とその妻に仕える期限付き奴隷同然の扱いを受けています。そのため彼女の視点から見えるのは限られた周囲の状況のみで、合衆国が崩壊してギレアデ共和国に変わるという大事件がどのように進展したのかも、彼女が実際に経験したりTV報道で視た断片的な描写のみでしかわかりません。
 しかしながら作品の最後にある「歴史的背景に関する注釈」という章で、物語本体の時代から200年近く後の2195年におけるギレアデ研究シンポジウムでの研究発表という形で、ギレアデ共和国の歴史を俯瞰した視点での解説がなされています。それによると、物語本体の部分はギレアデからカナダに抜ける「地下女性鉄道」(南部奴隷州の黒人奴隷を逃がした秘密組織「地下鉄道」になぞらえた名称)の中継点であるバンゴアで発掘された録音テープの内容、とされており、従って主人公逃亡後の回想録です。ただし実際に彼女が逃げ切ったかどうかは不明で、彼女の本名自体も解っていません。一方で彼女の「司令官」の名は「フレッド」と解るため、ギレアデ初期の記録からほぼ特定されています。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

生と死のキョウカイ (小倉考俊 作:となりのヤングジャンプ)

 「ワンパンマン」の掲載されているサイト「となりのヤングジャンプ」で、今月19日まで全作公開中のwebコミックです。上手とは言えない作画に対し作品の世界観と構成はかなりしっかりしており、現時点で17話という比較的短編である事も逆に幸いして中々読ませる作品となっています。ただ、途中でかなり話が飛んでいる感があり、物足りなさがあります。
 ファンタジー世界で勇者が魔物と戦うゲームの「戦いに負けて死んだ勇者はスタートに戻って生き返る」という仕様を、実際に蘇生の判断をする「教会システム」という形で描いたこの作品は、蘇生の必須アイテムである「聖水」の謎をテーマとして一気に深刻な展開となっていきます。以下はネタバレとなるので、追記に記載します。

続きを読む»

テーマ:アニメ・コミック - ジャンル:アニメ・コミック

チェコSF短編小説集 (ヤロスラフ・オルシャ・jr編:平凡社)

 以前にロシアや東欧SFの短篇集は紹介したことがありましたが、チェコ一国のみでのSF短篇集というのは初めて見た気がします。紹介されている作品の出版年は1912年から2000年とかなり長期に渡り、ヤロスラフ・ハシェックやカレル・チャペックといったSF作家というよりチェコの半古典大作家の作品から、現在も活躍しているSF専門作家の作品まで含まれています。
 個人的に最も興味深かったのは、収録作のうち最も長い「ブラッドベリの影」です。作者のフランシチェク・ノボトニーは1944年生まれの、近年も作品を発表し続けている現役のSF作家です。作者紹介では「チェコSF界では比較的少数派の、読みやすい知的なハードSFの第一人者」と評されており、1989年に発表されたこの作品は、確かに他の収録作と比べてやや異質な現実的火星開発描写を感じさせます。タイトルから想像されるようにブラッドベリの「火星年代記」を下敷きにした幻想的な状況が展開しながら、実際には「理解できない未知に遭遇した際にどうふるまうべきか」をテーマにした、レムの特に「ソラリス」に非常に影響されている作品です。
 以下、やや長めの作品を個別にいくつか紹介します。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

太陽系外縁部関係の記事 その2

 前回の記事に引き続き、今回も太陽系外縁天体に関する2題です。

1. 前の記事でも紹介した、New Horizons探査機からのUltima Thule最接近時に撮影された映像が公開されました。
ウルティマ・トゥーレの鮮明な画像
すでに報道されているように、この天体は大小二つの球体が接合した雪だるまのような形状をしており、大きい方(直径19km)の樹天体がUltima, 小さい方(直径14km)がThuleと非公式に呼ばれています。もちろんUltima Thuleという名が付けられた時点ではこのような形状をしている事は解らなかったのですが、結果的に二単語の名をつけたのが偶然ぴったりの結果になりました。この形状は、太陽系形成の初期段階で、二つの天体が相対速度がほぼゼロの状態で衝突したためと推定されています。

続きを読む»

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

太陽系外縁部関係の記事4題

 このブログのタイトルにある「宇宙」と「SF」に関して、SF関係は今年もそれなりに書いてきたのに対して、宇宙の方は色々新発見等があったにも関わらず、気分的な忙しさにかまけて一年以上何も書いてきませんでした。ブログタイトルのつじつま合わせという感もありますが、今年も明日で最後となったこの時期にまとめていくつかの話題を書いておきます。

1. 以前にこのブログの宇宙関係記事で取り上げた太陽系外からの天体オウムアムアは、その後の研究で系外惑星系が形成される際に放出された彗星である可能性が強いとされています。最新鋭の天文位置衛星GIAAのデータにより700万個の恒星についてその運動を計算し、オウムアムアと過去に遭遇した4つの恒星を見出した研究結果が発表されています。
ガイアが明かすオウムアムアの故郷
 ただ、この日本語の解説記事でははっきりしないですが元論文のアブストラクトを読むと、4つの候補のうち最もオウムアムアと近づいた M2.5の赤色矮星HIP 3757でも100万年前の最接近距離が0.60±0.07pcと結構離れており、さらに相対速度が24.7km/sもあります。第二の候補であるG5矮星HD 292249は相対速度は10.7km/sと比較的小さいものの、380万年前の最接近距離が1.6pcもあり、こちらも故郷候補としては厳しそうです。また、連星系や巨大惑星が存在する系ならば大きな速度で天体が放出される可能性があるものの、これらの候補星は今のところ単独星と考えられています。

続きを読む»

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク