FC2ブログ

エドガルド・モルターラ誘拐事件 -- 少年の数奇な運命とイタリア統一 (デヴィッド・I・カーツァー著:早川書房)

 題名から想像するような推理小説ではなく、副題から解るように19世紀のイタリア統一に大きく影響を与えながらその後忘れ去られたある事件に関する歴史ノンフィクションです。キリスト教徒の召使によって両親に内緒で洗礼をされたユダヤ人の子供が、それを知った教会によって強制的に親元から引き離されキリスト教徒として育てられる、という現代の感覚では考えられない事例は、19世紀のローマ教皇領で何度も起こっており、ボローニャに住む9歳のエドガルド少年の事件もその一つでした。しかしこの事件が起こった1858年は、ローマ教皇の権威が失われオーストリアやフランスなどの周辺大国の軍隊によってその領土をようやく保っている時期だったため、両親を始めとするユダヤ社会による訴えにそれまでになく国内外での世論が沸騰して、それをきっかけとして歴史はサルディーニャ王国による教皇領の併合と最終的なイタリア統一へと進んでいきます。しかし一方で、教皇ピウス9世自らによりカソリック教育を受けたエドガルド少年自身はついに親元には戻らず、成人後はヨーロッパ中で布教を行う神父として活動しています。
 実はこの事件について私はこの本を読むまで全く聞いたことがなく、さらに読後にイタリア統一に関してネットで調べてみても全く記載がありませんでした。当時は国際世論を大いに騒がせたこの事件ですが、あとがきによると現在ではイタリア史においてもほぼ忘れ去られているようです。カソリック教会が自らの黒歴史であるこの事件を可能な限り忘却させたいのは当然として、ユダヤ教徒側でもほぼ忘却された理由に関しては、「エドガルド少年がユダヤ教と家族を捨てカソリックを受け入れた事が、ユダヤ教のキリスト教に対する敗北で民族の恥とみなされた」という著者のあとがきによる考察が的を射ているように思います。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

不安が不安 (ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督:ドイツ映画)

 「シナのルーレット」に続き、その一年前(1975年)に撮られたファスビンダー監督のテレビ用映画です。それもあって、ファスビンダー作品としてはかなり抑えたストーリー展開や描写による上品な社会派ドラマ仕立てとなっています。裕福な家庭の専業主婦マーゴットが2人目の子供を妊娠中に理由の分からない不安に襲われ、出産もそれがさらに酷くなって次第に奇行に走るようになり遂には精神を病む、という粗筋はファスビンダー本人によるオリジナルではなく、ドイツの小都市に住む主婦の実体験に基づく原稿を原作にしたものです。原作者アスタ・シャイプは後にこの原稿を長編小説として出版し、作家としてデヴューしてます。

続きを読む»

テーマ:映画 - ジャンル:映画

迷走の末に連載終了した「干支戦士チアラット」

 以前に取り上げたwebコミック「干支戦士チアラット」(作者:中川ホメオパシー)は、先月末(9/28)に50回で連載終了しましたが、正直な感想として中盤以降は相当な迷走というかグダグダぶりが目立ちました。47話で突然に話が大転回、というより完全に壊れ、これは作者がやる気をなくしたなと思っていたら、49話でいきなり「次回が最終回」を宣言し、伏線その他をほぼ完全に投げ捨てての強引な最終回です。最終回自体は大団円というか、それまでの敵だったシャノワールと干支戦士が共闘してラスボスを倒してめでたしめでたし、という展開でしたが、干支戦士なのに子・丑・寅・未・酉・卯・戌の7名しか揃わず、一方敵幹部もシャノワール親衛隊がS4と言いながら3人目までしか登場しないで、しかも3人目の水のヒマラヤンはいつの間にか登場しなくなったり、と明らかに打切り漫画的な終わり方です。もちろん商業誌上の連載とは異なり編集部による強引な打ち切りはないでしょうからこの終了は作者自身の意思によるもので、さらに言えば、中川ホメオパシー氏はこれまでの作品でもこの種の投げだし終了の常習者のようです。

続きを読む»

テーマ:アニメ・コミック - ジャンル:アニメ・コミック

シナのルーレット (ファスビンダー監督:ドイツ・フランス合作映画)

 ドイツの映画監督ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーによる、1976年制作の心理サスペンス劇です。裕福で双方がキャリアを持つ一見すると理想的な夫妻ゲアハルトとアリアーネですが、相手が出張の隙に愛人と一緒に郊外の別荘で過ごしに行って四人が鉢合わせ、という気まずい状況に。実はこれが片足に障害のある一人娘アンジェラの策略で、彼女もまた家庭教師のトラウニッツと一緒に別荘に現れ、さらに別荘の管理人母子であるカーストとガブリエルを加えた八人で心理ゲーム「シナのルーレット」を行う事を提案する、という粗筋のこの映画の見どころは、ゲームが進むにつれて登場人物たちの隠されていた感情が明らかにされていくその怖さです。
以下は映画の内容のネタバレです。

続きを読む»

テーマ:映画 - ジャンル:映画

魔装番長バンガイスト

 以前に紹介した干支天使チアラット, 本田鹿の子の本棚に続き、これもまたLEED Cafeの掲載漫画です。作者の霧隠サブロー氏の自己紹介の「メキシコ出身」というのは冗談でしょうが、同じLEED Cafeに掲載されている「ピーヨ」の作者と兄妹というのはおそらく本当のようで、実際この作品のいくつかの場面にピーヨの姿が確認できますし、逆に「ピーヨ」にもこちらの登場人物が何人か出張しています。

続きを読む»

テーマ:アニメ・コミック - ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク