FC2ブログ

オレンジ党、最後の歌 (天沢退二郎 著:復刊ドットコム)

 オレンジ党シリーズの最終巻で、三部作が書かれた1980年代からかなり時代を経た2011年に出版されています。この「一旦は完結していると思われていた三部作に、ずっと後に四作目が書かれる」というのは、ル・グィンの「アースシー三部作」と全く同じ経緯で、偶然とは思えない何かを感じます。そしてまた、東日本大震災とそれによる原発事故の影響が明らかにみられるこの作品は、かなり癖があるオレンジ党シリーズの中でも最も政治的主張が強く感じられる「問題作」であり、読者によって好き嫌いが相当に分かれるのではないでしょうか。少なくともはっきりと見えるのは、ここ十年程度の間に特に顕著になってきた日本における一連の政治的・社会的状況に対する著者の強い危機感です。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

ラ・レヘンタ (クラリン 著:白水社)

 スペイン北部に位置するアストゥリアス州の州都オビエドを旅行したときに、大聖堂前の広場の一角に立つかなり目立つ貴婦人の銅像を見ました。
La Regenta
気になって帰国後に調べてみて、この銅像は1884-85に出版されたオビエド(作中ではベツスタ)を舞台とする小説"La Regenta"のヒロインのものであると知り、さっそく図書館で借りてみました。ほぼ800ページある分厚い単行本で、おそらくこのような機会がなければ手に取る事はなかった作品なのですが、読んでみるとなるほど非常な傑作小説で、このような形で知ることができて運が良かったと思います。Wikipediaのスペイン語ページに書かれている「ドン・キホーテ以降のスペイン文学における最も重要な作品」という形容も大げさではないのでは。なお「クラリン」(ラッパの意味)は、オビエド大学の法学教授を務める傍ら文筆活動を行っていた著者Leopoldo Alasのペンネームであり、代表作とされるこの小説以外にも舌鋒鋭い文芸評論や短編小説で知られています。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

オレンジ党、海へ

 「オレンジ党と黒い釜」、「魔の沼」に続く、「三つの魔法」シリーズの第三話です。オレンジ党の冒険の舞台はさらに広がり、太平洋に面した千葉県外房側の丘陵地が主な舞台となります。
 主人公のルミたちが何度か鳥の幻影を見た直後に、オレンジ党あてに海を臨む丘陵地帯を根城とする「鳥の王」からの助けを求める手紙が幻のような少年によって届けられます。一方で道也の元には、その鳥の王に捕まったという「カモメ」から助けを求める手紙が届き、「鳥の王」と「カモメ」のどちらを信用するべきかオレンジ党だけでなく読者も悩まされることになります。さらには古い魔法の使いてある源先生と配下の西崎ふさ枝のグループや「オレンジ党と黒い釜」にちらりと登場した「緑衣隊」、また「鳥博士」と呼ばれる異端の鳥類学者の石橋幸太郎先生も絡む複雑な構図で、正直なところかなり分かりにくい展開で話が進んでいきます。実は主題となるのは、オレンジ党リーダーである李エルザが、イギリス人の母方の祖母から受け継いだ宝石(正確には宝石そのものではなくそれがもつ不思議な力)の争奪戦であり、「鳥の王」はその力を横取りしようとする僭称者で、源先生グループもほぼ利用されていただけにすぎません。今作のラストでは、緑衣隊の追跡を逃れたオレンジ党は海に旅立ち、以前の黒い魔法との戦いで亡くなったそれぞれの両親に(彼岸の国で)再会したらしい事が暗示されています。彼らの乗る船の船長として名が出てる「金船長」は、オレンジ党シリーズの前作である短編集「闇の中のオレンジ」に登場する人物のようです。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

魔の沼 (天沢 退二郎 著:筑摩書房)

 少し前に紹介した「オレンジ党と黒い釜」の続編で、「三つの魔法」シリーズの第二話となります。実はこのシリーズの作内時間は第一話から第四話までを通してある年の4月から11月までのわずか半年程度に過ぎず、この「魔の沼」は「オレンジ党と黒い釜」から2か月ほど経った7-8月頃、小学校の一学期が終わり夏休みに入った頃の話となります。オレンジ党の本来のメンバーである6人の小学校6年生のうち、名和ゆきえが遠くの施設に預けられて姿を消し、その代わりに中学生の田久保京史が準メンバーのような形でオレンジ党と共闘しています。「オレンジ党と黒い釜」では基本的にとき老人の導きに従って行動していたオレンジ党ですが、とき老人が姿を消したこの話では彼ら自身で遭遇した出来事の意味を考え、この先に何が起こるのかを予想して行動する必要に迫られ、特に李エルザのリーダーシップが際立ってきます。前話では六方・千早台両小学校の近辺が中心だった冒険範囲もより広がり、新たに登場した地名から舞台のモデルが現在の千葉市北部から印旛沼の辺りであるのがはっきりとしてきました。恐らく現在ではすっかり住宅街となっているはずですが、この物語の想定されている時代(1950-60年頃)は実際にこのような半田舎の風景が広がっていたのでしょう。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

オレンジ党と黒い釜 (天沢 退二郎 著:筑摩書房)

 前に紹介した「光車よ、まわれ!」の、続編ではないものの世界観をかなり共通した同じ作者の児童文学であり、こちらは今回初めて読みました。この1978年に出版された「オレンジ党と黒い釜」は三部作「三つの魔法」の第一話で、第二話「魔の沼」(1982)、第三話「オレンジ党、海へ」(1983)が続き、さらにかなり後の2011年に、続編となる「オレンジ党 最後の歌」が出版されています。
 オレンジ党とは、物語の舞台となる町の六方小学校の六年生6名(ただし1名は隣の千早台小学校)から成るグループで、謎のとき老人に導かれて、「黒い釜」捜索作戦を行っています。「光車よ、まわれ!」の主人公たちの家庭がいずれも何らかの理由で父親不在だったのと対になるかのように、メンバーの鈴木ルミ、李エルザ、由木道也、竜竜三郎、名和ゆきえ、森コージはすべて母親が死亡しており、しかもその理由は「黒い釜」に関係しています。とき老人の説明によれば、この世界には「黒い魔法」「古い魔法」「時の魔法」の三つの魔法があり、その使い手が三つ巴の戦いをしています。嘗ての「黒い魔法」と「時の魔法」との戦いではオレンジ党メンバーの母親たちがとき老人と共に黒い魔法の手先であるグーンと戦って勝利したのですが、10年ほど前に「黒いもの」が復活し、その際の事件で母親たちは命を落としました。このときは「古い魔法」が黒いものを五つの黒い釜に封じて地下深く隠したのですが、今回はその「古い魔法」の変節によって再び奇妙な事が起こり始めています。主人公のルミの父親は10年前の事件で妻(ルミの母親)を失った後に一旦この地を去っていましたが、今回何らかの理由でルミを連れて再び因縁の地に戻って来ています。
 このルミの父親も含めて、大人の存在感の薄さが「光車」とオレンジ党シリーズを通じての特徴です。実際ルミが家に到着した場面でも、彼女は後から荷物を載せたトラックで来る父親より早く来て怪しいものに遭遇しており、さらに小学校の始業式翌日のピクニックで父親は失踪して、以後は小学生六年生の彼女は一人で生活を続け、彼女の家はオレンジ党のたまり場のようになっていきます。恐らく現代の読者は保護者もなく小学生が一人で生活を続けたり、小学生だけのグループが早朝や放課後さらに深夜に自由に行動できるという設定が非現実的すぎてあり得ないと感じてしまうでしょうが、この本が書かれた昭和40-50年頃だと、私自身の感覚では一般的ではないがあり得ないほどでもない微妙なレベルです。
 さらに「光車」で登場した緑の服の組織がこちらでも登場し、ルミたちの同級の優等生二人もそれに加わっています。登場する大部分の教師の扱いや妙に居丈高にルミに職質する警官に描写など、このあたりの設定は著者の反権威思想を強く反映していうように感じます。オレンジ党のリーダーの少女である李エルザが明らかに朝鮮系の名字である点も含めて、この辺りは現在の右傾化したネット世論には受けないだろうなとは思います。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク