FC2ブログ

アーヴァタール (ポール・アンダースン著:創元推理文庫)

 これもまた、ずっと昔から題名は知っていたものの今回初めて読んだアンダースン作品です。その当時は単語の意味が解らず「奇妙な題名だな」と思っていたのですが、実は原題の"The avatar" すなわち「アバター」そのままでした。この単語の日本語訳が「アバター」で定着したのはおそらく1990年ごろに現在のネットの前身であるパソコン通信サービスでユーザーの分身キャラクターを意味するようになってからであり、従ってこの作品が翻訳された1981年にはまだ一般的な単語ではなく、翻訳も試行錯誤されていたのでしょう。しかし「アバター」という邦題にしていたら、今頃は確実に例の映画の原作と間違われていたでしょうね。なおこの作品でのavatarは、神にも等しい異種族の分身キャラクターそのものではなく、彼らと他の種族とが接触するために彼らに作られた者たちを意味します。
 さて1978年に描かれた本作の展開は、A.C.クラークの「2001年宇宙の旅」(1968年)とステープルドンの「スターメーカー」(1937年)そしてアンダースン自身の「タウ・ゼロ」(1970年)という三つの名作SFを合わせたとでもいうべきものです。ただ上巻の訳者あとがきにもあるように、二人のイギリスSF作家の人類への達観というか突き放しとは異なり、アンダースンはもっと主人公たちあるいは読者に優しいというべきか、最終的に主人公たちの生還と勝利を描いてきます。このあたりは「人間の勝利」が基本にあるアメリカSFとイギリスSFとの違いが見えているように思います。また、Tマシン網によって未知の時空を彷徨い続ける宇宙船内での濃厚な人間模様の描写は、8年前に描かれた「タウ・ゼロ」での同様な状況よりも人数が少ない分より濃厚で、また北欧的な性的放縦さを感じさせます。
 SF的な主題となるのは超種族「アザーズ」の残したスターゲート「Tマシン」なのですが、そこに飛び込んでのオデッセイが始まるのは「2001年宇宙の旅」同様に物語の半ば過ぎであり、それ以前の部分は人類の未来を選択する政治的対立が主題となっています。莫大な費用と労力を掛けてTマシン網の探索を行い宇宙を目指すか、あるいはその費用と労力を荒廃から完全には立ち直っていない地球の復興と平和に向けるかという選択は、作者自身は多くのSFファンと同様にもろ手を挙げて前者を支持しているものの、実際には悩ましい問題です。もちろん作中では後者の首魁であるアイラ・クイックが前者の支持者である主人公たちに悪辣な陰謀を巡らせていくので、読者的には前者を支持せざるを得ないのですが、公平な立場から見たときは果たしてどちらが正しいのか。現実世界で言えば、地球温暖化による全世界的な気象災害の急増への対策に莫大な費用が掛かるなかで、月や火星に人類を送る計画に巨額の費用を投ずるのが正当化されるかという問題と同様です。アンダースンが筋金入りのリバタリアン(個人の自由に対する規制に徹底的に反対する立場)であるという事が確か「タウ・ゼロ」の解説に書かれており、それを読んだ時点ではピンとこなかったのですが、こちらの作品では彼のその思想がかなりはっきりと主張されています。

続きを読む»

スポンサーサイト



テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

タイム・パトロール/時間線の迷路 (ポール・アンダースン著:ハヤカワSF文庫)

 しばらく前に紹介したタイム・パトロールの続篇です。ただややこしい事に、実際にはこの作品の前に日本では未翻訳の話がいくつかあり、しかもそのうちの一話"The Year of the Ransom"がこの「時間線の迷路」と直接つながっています。"The Year of the Ransom"で「賞賛主義者」による陰謀を阻止したエヴァラードが、逃れた残党を追って紀元前209年のバクトリアで作戦行動を行う第一話、さらに同じく"The Year of the Ransom"でタイムパトロールにリクルートされた新人隊員のワンダ・タンバーリーが2万年前のベーリンジア(氷河時代にアジアと北米を結んでいた陸橋で現在のベーリング海峡)で起こした事件を物語る第二話、そして1137年にシチリア王ルッジェーロ2世が正史とは異なり戦死したために起こった大規模な歴史改変とその顛末を描く第三話と、そのつなぎのストーリーによって本作品は構成されています。
 「賞賛主義者」はイデオロギーによって結ばれた党派ではなく、未来のある時代に作られた優生人類であり、自らが神として支配できる世界を作るために歴史の改変を図っています。実際に彼らはギリシャの神々のように容姿端麗でカリスマを持ち、エヴァラードですら無意識のうちに女性リーダーに敬意を払ってしまうほどです。しかしながら遂に全員を捕らえた時点で女性リーダーから「自分たちが神として君臨した後で今度はお互いが最後の一人になるまで殺しあう」という望みを聞かされた彼が呆れてさすがに目が覚めたようです。さらにこの事件の解決後に、一見すると歴史の転換点になりそうだったこの時代のこの場所は実際には干渉に対して非常に安定であり、賞賛主義者がここを目指したきっかけ自体が、彼らを呼び寄せるために上層部が仕掛けた罠だったと知り、エヴァラードは唖然とする事になりました。
 第二話の主人公ワンダはベーリンジア先住民の研究をしていましたが、後から現れた「雲の人」(古インディアン)によって彼らが迫害されるのを見かねて、タイムパトロールのルールを逸脱して彼らを助けようとします。迫害の描写を見ると読者も先住民に肩入れしたくなりますが、彼女の行為は過去への明白な干渉であり、無任所隊員エヴァラードの擁護があるとはいえ、本来ならパトロールから追放されても不思議ないはずです。しかしながら、どうやらさらに上層部からの指示によって彼女もエヴァラードもお咎めなしに終わるのは、主人公補正のご都合主義にも思えますが、おそらく彼女の脅迫によって「雲の人」がベーリンジアを去って北米大陸に向かったことで、結果的に彼らの子孫がアメリカ先住民となり、我々の知っている歴史につながったという事なのでしょう。ここまでの二話とそのつなぎの部分は、パトロールの最上層に居るデイネリア人が歴史を保持しようとしてるだけではなく、自分たちの存在する歴史に世界を導くためにかなりの干渉を行っている事を示唆しています。
 第三話で起こる大規模な歴史改変は、前作とは異なりタイムトラベラーによる干渉なしにいわば「自然に」起こったものです。しかもこの改変は最初の原因となったルッジェーロ2世の戦死を阻止してもまた別の形で起こってしまい、歴史のこの時点が第一話のバクトリアとは逆に、非常に不安定な臨界点だったことを示唆しています。実は最初の改変では現実の歴史よりもローマ教皇の教権優位な世界になったのに対し、二回目の改変では逆にバルバロッサの帝権優位の世界に変わるのですが、どちらの世界でも科学の進歩は現実よりはるかに遅れ、タイムパトロールが存在しない歴史につながってしまいます。そのような歴史に自然に変わってしまうという事は、もしかするとその歴史こそが本来の時間線であり、タイムパトロールが存在する歴史は本来のものではなく、デイネリア人の干渉によって保持されているという事を示唆しているのかもしれません。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

焦熱期 (ポール・アンダースン著:ハヤカワ文庫SF)

 こちらもハードSFというべきか、少なくとも天文学的設定は非常にしっかりとした作品です。三つの恒星からなる連星系というのは、基本的にはこの作品のアヌ・ベル・エア系タイプしかありえない、つまり比較的近い距離を公転しあう連星系のはるか外側を第三体が長周期で公転する形しか安定ではなく、通俗SFであるような三つ以上の恒星が互いに近距離に存在する事はありえません。さらに言うと、そこに安定して惑星が存在するのなら、それも必然的にこの作品のようにどれか一つの恒星のみを公転するタイプであり、そのため内側の連星系の周期も人間レベルで言えば十分に長い必要があります。
 ただしアヌ・ベル・エア系の天文データに関しては疑問があります。アヌとベルの近星点距離が40auで遠星点距離が224auという事は、イシュタルから見たアヌの両点での光度比は(224/40)^2=31であり、4等級程度しか変わりません。従ってアヌの近星点での光度が太陽とほぼ同じベルの20%程度とすれば、遠星点に位置していても満月よりははるかに明るい-20等級程度はあるはずです。一方で、赤色矮星であるエアの距離が6000auすなわち0.1光年という事は、イシュタルから見たその明るさはせいぜい-3等級であり、せいぜい非常に明るい恒星としか認識できないはずです。天球面での動きも極めて遅いので、恒星ではない「もう一つの太陽」とは認識できないのではないでしょうか。ただイシュタル人の寿命が地球人よりかなり長く、さらに前の焦熱期以前の天文データが残っていると思われるので、何とか認識可能なのかな。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

タウ・ゼロ (ポール・アンダースン著:創元SF文庫)

 ポール・アンダースンの代表作とされる有名作品ですが、私はずっと昔に途中まで読んで挫折した記憶があります。恐らくちょうど私自身がSFに興味をなくしかけていた頃だった上に、中盤の陰鬱な展開に耐えられずに投げ出したのだと思いますが、今回改めて読んでみると、単に壮大なハードSFというだけでなく閉塞状況の中での人間心理描写も優れていて、さすがこの時代の第一人者の作品だと感心しました。
 スペースオペラ系では普通に使われている超光速を封印し、あくまで現実に即した亜光速での恒星間飛行という限界を保持しながら、銀河系を飛び出し宇宙そのものをもある意味で飛び出すという正にぶっ飛んだ展開の一方で、作品のもう一つのテーマは閉鎖された宇宙船内での濃密な人間模様と葛藤という、かなり変わった作品です。作品の舞台となる宇宙船「レオノーラ・クリスティーネ号」は、世代型を除く恒星間宇宙船として唯一原理的に可能とされていたバザード・ラムジェット推進であり、燃料切れの心配なしに無限に加速可能です。この設定を逆手にとって「もし止めることができなくなって、本当に無限に加速し続けたらどうなるのか」というアイディアと、当時の最先端宇宙論とを組み合わせた結果、終盤までの重苦しい展開から一転して明るい未来が開けていきます。
 ただし、宇宙膨張が止まって収縮に転じ、さらに跳ね返って新しい膨張宇宙が生まれる、という設定自体は当時の宇宙論的にはあり得るのですが、宇宙の構成物質だけでなく空間そのものが膨張・収縮しているため、宇宙船どころかどんな物質もビッグクランチを通過して次の世代の宇宙に行く事は不可能です。その点は作者が宇宙論を誤解していたように思えます。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

タイム・パトロール (ポール・アンダースン著:ハヤカワSF文庫)

 Poul William Andersonは、20世紀の米SF界をかなり長期にリードした有名作家の一人であり、多作かつ外れのない作家として知られています。どういう訳か私自身はこれまで彼の作品をほぼ読んだ事がなく、確認したところこれ以前にきちんと読んでいた長編は「天翔ける十字軍」一作だけでした。これも今回調べたときに初めてアンダーソン作品と知って、彼の作風の広さに驚いた次第です。私のイメージする彼の作品は、代表作「タウ・ゼロ」を始めとするハードSFの方なのですが、今回取り上げる「タイム・パトロール」シリーズはややそのイメージとは異なる「スペースオペラ」ならぬ「タイムオペラ」とでもいうべき展開です。ただし、そこに描かれている歴史的描写や「歴史のイフ」が起こった場合のシミュレーションには、ハードSFの大家らしい綿密さを感じさせます。この「タイム・パトロールシリーズ」は雑誌連載された中編小説からなり、本作はその初期の4編をまとめたものとなります。
 主人公エヴァラードがタイム・パトロールにリクルートされ、漸新世に設けられた施設で訓練を受けたあと最初の任務を行い、その後の事件の結果無任所職員としてさまざまな時代で任務をこなす事になる経緯を綴る第一話「タイム・パトロール」の後、第二話「王者たるの勇気」では、すでにベテラン隊員となっているエヴァラードが、行方不明となった友人のパトロール隊員を探して紀元前6世紀のアケメメス朝ペルシャに向かいます。さらに第三話「邪悪なゲーム」では、正史に反して14世紀に北米大陸に渡った元の探検隊と対峙し、第四話「滅ぼさるべきもの」では大規模な歴史改編に巻き込まれたエヴァラードが、その原因を突き止めて元の歴史に戻すために奮闘します。
 未来世界においてタイムマシンが実用化されるとそれを悪用して歴史改変を試みるものが現れ、それに対抗するための組織が作られる、というのはある意味定番なのですが、この作品世界でのタイム・パトロール組織の主導者であるデイネリア人は、ほぼ影に隠れて指示のみを与える存在であり、一般の隊員の前に姿を現しません。デイネリア人は恐らく100万年以上未来の人類であり、現存人類とは姿や思考も変わっているようです。実の処、彼らは必ずしも絶対善とも思えず、彼らが守ろうとしている歴史が本当の「正史」なのか微妙に思われる部分があります。例えば第三話での元の探検隊による北米大陸発見は、タイムトラベラーによる介入ではなくその世界の人間が独力で成し遂げたものです。始めは穏やかな手段で探検隊を引き返させそうとしたエヴァラードですが、それに失敗して同僚が瀕死の重傷を負った事もあり、探検隊を本国に戻れなくする強硬手段を取ります。この処置はどうやら彼がパトロール上層部から指示を受けた結果のようで、それによって元が北米に到達しない歴史は保たれたものの、それが本当に正しかったのか、エヴァラートは(そして読者も)疑問に悩まされます。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク