FC2ブログ

侍女の物語 (マーガレット・アトウッド著:早川epi文庫)

 1948年に書かれた「1984年」と同様に近未来の抑圧社会を描くディストピア小説で、こちらは1986年の作品です。書かれた当時にモデルとしてまずイメージされるのは、注釈」でも言及されているように、女性の権利が大きく制限されているイランやサウジアラビアなどの宗教保守派が権力を握るイスラム国家であり、近年でもタリバンやISに支配された社会がまず想起されるはずです。しかしながら同時に、2016年の米大統領選後には、アメリカ自身のありうる最悪の未来予言として「1984年」と共に取り上げられるようになりました。この作品の舞台であるギレアデ共和国は、21世紀初頭のアメリカ合衆国において(トランプ大統領の支持基盤の一つでもある)キリスト教原理派によるクーデターによって作られた神権国家と設定されているため、「1984年」よりもさらにありうる米国の未来としてイメージされ、最近になってTVドラマ化もされているようです。
 物語はギレアデ共和国の「侍女」である主人公の一人称で語られ、すべて彼女の目線で描かれています。「侍女」とは「司令官」と呼ばれる指導階級の男性の子供を産むために国家から派遣されるいわば「子産み女」であり、彼女らは本名を奪われ司令官の付属物として、彼とその妻に仕える期限付き奴隷同然の扱いを受けています。そのため彼女の視点から見えるのは限られた周囲の状況のみで、合衆国が崩壊してギレアデ共和国に変わるという大事件がどのように進展したのかも、彼女が実際に経験したりTV報道で視た断片的な描写のみでしかわかりません。
 しかしながら作品の最後にある「歴史的背景に関する注釈」という章で、物語本体の時代から200年近く後の2195年におけるギレアデ研究シンポジウムでの研究発表という形で、ギレアデ共和国の歴史を俯瞰した視点での解説がなされています。それによると、物語本体の部分はギレアデからカナダに抜ける「地下女性鉄道」(南部奴隷州の黒人奴隷を逃がした秘密組織「地下鉄道」になぞらえた名称)の中継点であるバンゴアで発掘された録音テープの内容、とされており、従って主人公逃亡後の回想録です。ただし実際に彼女が逃げ切ったかどうかは不明で、彼女の本名自体も解っていません。一方で彼女の「司令官」の名は「フレッド」と解るため、ギレアデ初期の記録からほぼ特定されています。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

チェコSF短編小説集 (ヤロスラフ・オルシャ・jr編:平凡社)

 以前にロシアや東欧SFの短篇集は紹介したことがありましたが、チェコ一国のみでのSF短篇集というのは初めて見た気がします。紹介されている作品の出版年は1912年から2000年とかなり長期に渡り、ヤロスラフ・ハシェックやカレル・チャペックといったSF作家というよりチェコの半古典大作家の作品から、現在も活躍しているSF専門作家の作品まで含まれています。
 個人的に最も興味深かったのは、収録作のうち最も長い「ブラッドベリの影」です。作者のフランシチェク・ノボトニーは1944年生まれの、近年も作品を発表し続けている現役のSF作家です。作者紹介では「チェコSF界では比較的少数派の、読みやすい知的なハードSFの第一人者」と評されており、1989年に発表されたこの作品は、確かに他の収録作と比べてやや異質な現実的火星開発描写を感じさせます。タイトルから想像されるようにブラッドベリの「火星年代記」を下敷きにした幻想的な状況が展開しながら、実際には「理解できない未知に遭遇した際にどうふるまうべきか」をテーマにした、レムの特に「ソラリス」に非常に影響されている作品です。
 以下、やや長めの作品を個別にいくつか紹介します。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

来るべき種族 (エドワード・ブルワー=リットン著:月曜社)

 「フランケンシュタイン」などと同じく「プレSF」とでも形容すべき19世紀英国の作品です。SFかオカルトなのか正直分類に悩むこの作品ですが、訳者解説にあるように米SFとは異なる英国の「サイエンティフィック・ロマンス」というカテゴリーで考えるのなら、その中の非常に正統的な作品と思われます。私はエドワード・ブルワー=リットンの名を知らなかったのですが、訳者解説によるとヴィクトリア朝時代の有名作家であり、「ポンペイ最後の日」が代表作との事です。本作もユートピア思想史やSF先駆作品研究では度々名前の挙がっていながらこれまで邦訳されなかったものとの事で、そういわれてみるとSFの年表等でこのタイトルを見たような記憶もあります。なお、著者は生まれは郷士階級ながら自由党下院議員を経て保守党議員から植民地大臣を務め、のちに初代リットン男爵となった人物で、孫の2代目リットン伯爵は満州事変の際の「リットン調査団」の団長を務めています。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

パラークシの記憶 (マイクル・コーニイ著:河出文庫)

 先日紹介した「ハローサマー、グッドバイ」の続編、あるいは前作で残っていた様々な疑問に対する解決編です。
 物語の舞台は「ハローサマー、グッドバイ」の惑星で、前作から恐らく数千年後、主星と巨大惑星ラックスとによる惑星の取り合い周期のちょうど1サイクル後の年に、主人公の少年と一族の長であるその叔父との対立を描きながら、再び訪れようとしている40年の「大凍結」への対処がより大きなテーマとなっています。もちろん、惑星の特殊な天文学的条件は前作に引き続き大きなポイントですが、一方で前作とは二つの大きな設定の違いがあります。
 一つは、主人公たちの種族には自らの先祖の記憶を遺伝的に保持する能力があるという、前作ではまったくなかった設定です。正確に言うと、男性は自分の父親が自分を受精させるまでの記憶をそのさらに祖先の記憶も含めて引き継ぎ、同様に女性は自分の母親が自分を妊娠するまでの記憶を引き継いでいます。この設定によって、自分の生まれる前の過去に起こった出来事も祖先の視点から正確に思い出す事ができ、その結果現在直面した出来事に対して祖先がどのように対処したのかを倣う事ができます。そのため種族の社会的風習は非常に安定的に保持される一方で、新しい発想はほぼ生まれない非常に保守的な社会となっています。恐らくその理由で科学技術レベルは前作の世界よりもかなり退化していて、内燃機関による自動車は非常な貴重品であり、内陸と海辺との集落とはほぼ分断され交流がほとんどない状態です。また、遠い昔になればなるほどその記憶を想起するのは困難になるため、前作の主人公だったドローヴとブラウンアイズは遥か昔の危機を救った伝説の恋人としてのみ記憶され、その危機の実態や彼らの具体的な行動はほとんど知られていません。
 もう一つの違いは、地球とは異なるこの惑星にすでに地球人が到達していて、原住民と一定の交流がある点です。この世界における二大宇宙航行種族の一方である地球人は鉱物資源を採掘するために数世代前からこの惑星に少人数ながら駐屯しており、原住民への限定的な物資・技術援助も行っています。ただ両者の関係は必ずしも良好ではないようです。もし「ブロントメク!」と共通の世界での作品であるなら、駐在しているのはヘザリントン機関の代表者なのかもしれません。また、地球人の科学技術レベルは原住民よりはるかに高いもののこの惑星に関する知識は限定的であり、主星・ラックスによる惑星の取り合いという数千年周期の現象に関しては、物語開始時点では気が付いていないようです。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

ハローサマー・グッドバイ (マイクル・コーニイ著:河出書房)

 以前に紹介した「ブロントメク!」と同じ作者の長編SFで、やはり地球とは天文学的条件の大きく異なる惑星での生態系を扱うと共に、ドローヴとブラウンアイズという若い恋人たちを主人公とする青春小説でもあります。piaaさんがブログで絶賛していたので私も読んでみましたが、なるほどSFとしてはやや粗いものの、非常に面白い作品でした。
 舞台となる惑星には地球人によく似た原住民が生活していますがこの時点では地球とは接点がなく、彼らは地球からの植民者の末裔などではなく、この惑星で独自に生まれた種族です。この作品の続編となる「パラークシの記憶」では、同じ惑星の恐らく1000年以上後の出来事を描いており、そちらでは地球人が舞台の惑星に到達しているのですが、「ブロントメク!」と共通する世界なのかははっきりしません。正直なところ、この「ハローサマー・グッドバイ」で残された謎の多くが続編の「パラークシの記憶」において解決されることになるので、こちらだけ単独でレビューを書くのはやや難しく感じます。そのため以下では主に舞台となる惑星と生態系について記載しておきます。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク