FC2ブログ

タイムトンネル

 1960年代にNHKで放送されたらしいのですが私はもちろんそれは観た事がなく、10年ほど前にCSのスーパーチャンネルで途中から観た番組です。かなり有名な古典SF-TVシリーズなので、タイトルはご存知の方が多いのではないでしょうか。ただ、放送がかなり前なので、ネット検索でもあまり多くの情報は得られません。しかも「タイムトンネル」という言葉は普通名詞化して使われているので、関係ないページが山ほど引っかかります。
 アリゾナ砂漠の地下深くにある科学センターで開発された装置「タイムトンネル」が試験運転で暴走して、二人の主人公ダグとトニーが過去に飛ばされてしまう。彼らを現在に連れ戻そうと運転チームは何度も装置を働かせるが、その度にミスが起こったり邪魔が入ったりして、二人は過去や未来を彷徨い続ける、というのが物語の大筋です。
 実際に私が観始めたのは途中からなので最初に事故で飛ばされたのがどの時代なのかは解らないままなのですが、二人はタイタニック号の処女航海やリンカーン暗殺などの歴史事件に立ち会う事になり、一方でははるか未来のアンチユートピアに囚われたりもします。最後の方で宇宙人(アンドロ星人?)の地球侵略という事件が絡んでくるのですが、時間物のSFとして話が成立している所に、宇宙物を無理やりくっつけたという感じで、私の感想ではこの辺りから話がつまらなくなりました。ただ、宇宙物SF-TVとは違って映像的にはそれほど時代を感じさせず、現在でも多分観るに耐えるものだと思います。
これはネット検索で知ったのですが、主人公の一人トニーを演じていた俳優は、ST-DS9にヴィック・フォンテイン(ホログラム)として出演しています。

続きを読む»

スポンサーサイト



テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク