FC2ブログ

逆チューリング(Turing)テスト

Turingテストとは、人工知能(候補)が実際に知能を持っているかを判定するテストです。大雑把に言うと、人工知能と人間とを、それぞれ別室にいる審査員がそれらと文字のやりとりによる会話を行い、両者が区別できなければ人工知能に実際に知能があると見なすという判定法です。ただし、少なくとも専門家レベルでは下のリンクにみられるような批判があり、「知性とは何か」という本質的問題に関わって来ますので、以下の話はやや皮肉と思ってください。
http://www1.accsnet.ne.jp/~thoshino/TTest.html

多くの若者たち(こう書いた瞬間に年がばれますが)の特に携帯での意味不明の会話を聴いていると、
このテストを逆用したらどうなるか、と考える時があります。つまり携帯電話あるいはメールでのやりとりを暫く行って、彼らとコンピュータとの区別が本当につくだろうか?もしつかなかったら、彼らにははたして知性があるのだろうか?表面的な会話をしている限り、本当に区別がつかないんでは・・・。

続きを読む»

スポンサーサイト



テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク