FC2ブログ

邦題の良し悪し

日本で放送されているSTやB5の各話には、原題とは別に邦題がつけられていますが、一般的にかなり評判が悪いようです。確かに「○○の××星人」タイプの邦題は見ている方が恥ずかしいので止めて欲しいと思いますし、似たような邦題の話が多くて、区別がつかない事もあります。また、邦題を見た瞬間に最後の落ちが判ってしまう「ネタバレ邦題」も非難の的になっています。
しかし私は、最近の映画で普通になってしまった、原題そのままのカタカナ「邦題」には反対です。苦心してせっかくつけた邦題をボロクソに言われるくらいならいっそ原題そのままの方が、という気持ちからなのでしょうが、これは翻訳の仕事を放棄したようなもので、自らの存在意義を否定した翻訳家の自殺行為です。
一方で割と評価できるのは、シリーズで統一化された邦題です。例えば、Babylon5のTV-Movieシリーズは、「序章」「誕生」「遺物」「球体」「雌伏」と全て漢字二文字に統一されています。一つ一つを見ると、必ずしも適切ではない場合も有るのですが、全体として見れば確固たる意思が感じられて好感が持てます。
また個別に言うと、例えばST-TNGでは#24「時のはざまに」、#35「人間の条件」、#42「無限の大宇宙」、#68「孤独な放浪者」、#86「不実なる平和」、#141「運命の分かれ道」、#146「命のメッセージ」、#175-176「運命の分かれ道」あたりが割と良いと感じます。
しかしこうしてみると、「○○の××」タイプがやはり多いですね。日本語の構造上仕方ないのかな。

続きを読む»

スポンサーサイト



テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク