Star Trek: Into Darkness

 全面的な歴史改変(リブート)によって新たな時間線における新シリーズとなって2作目となる映画は、私には前作よりも楽しめました。正直なところ、登場人物の俳優変更に対する違和感はまだ残っていますが、序章の未開惑星での部分以外は旧ST世界との不整合性はそれほど感じず、旧作映画ST2(カーンの逆襲)への全面的なオマージュによるオールドファンへのサービスも嬉しかったですね。そして"5 year mission"へと繋がるラストのナレーションに感激しました。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク