論文捏造 (村松 秀 著:中公新書ラクレ)

 余りにもタイムリーな話題である科学界での捏造研究を取り上げたこの本、ミソなのは出版が2006年という点です。扱われているのはもちろんSTAP細胞ではなく、2000年から2001年にかけてのベル研究所の研究員ヘンドリック・シェーンによる有機超伝導体に関する研究捏造(シェーン事件)ですが、事件の経緯が驚くほどSTAP細胞の件と似ており、読んでいて唖然としました。しかも捏造の経緯や捏造者の言動だけでなく、対象者の所属した研究機関や出身大学の発覚前後の対応までが両方の事件で類似しており、一見すると「STAP事件を参考にして書かれた本」かのように見えるほどです。もちろんそれはありえないのですが、その逆にシェーン事件を参考にしてSTAP事件の報道がなされているために類似性が強調されているように見えるのでしょうか?
  両事件ともにそれまでは無名の研究者が有名な研究所に入ってから「ノーベル賞級」の発見をしており、ベル研究所も理化学研究所も名門ながらその時点でやや落ち目だったために、その巻き返しのために捏造者を全面的にバックアップして宣伝利用し、結果的に余計に深みに嵌っています。また問題の研究が行われた場所が実はあいまいなのも同じで、これが捏造が行われていたのを見逃す原因になっています。特にSTAPの場合、「ハーバード大」という海外の権威に対して理研や早大が全面的にひれ伏して思考停止していたのではないでしょうか。また、本来は「誰が実験しても同じ結果が得られる」という再現性こそが科学の根幹であり、両事例共にそれが出来ていない以上「科学的結果でない」とすら言える状況だったのに、逆にその点が「何かうまいコツがあって、彼らにしか出来ないのだろう」と捏造者を神の手を持つものかのように持ち上げる解釈がされた点も似ています。近年の特に新たな製品開発につながる研究では特許の問題で手の内を明かさない場合が多いのでこんな事になるのですが、これがまかり通るようでは科学とは言えないのでは。
 もう一つ印象的だったのは、調査委員会におけるシェーンの言動です。確かに肝心の部分は色々と言い逃れをしているのですが、あたかもまったく真摯に研究をしてきたかのように淡々と調査に答えており、本人自身も自分の(捏造の)研究内容を真実と思っているかのようです。恐らく自分を守るための嘘をいつの間にか自分で信じてしまったのだと思いますが、STAPの方の会見を見ても同様の事が起こっているように見えます。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク