銀河の破壊者 (セルゲイ・スニェーゴフ著:創元推理文庫)

 1962年に書かれたソ連のスペースオペラ三部作「神のごとき人々」の第一巻で、piaaさんのブログで知って興味を持ち、このほど図書館で借りて読んでみました。日本での出版が1983年となっており、確かにこのタイトルとカバー絵になんとなく見覚えがあります。ちょうどこの頃から私自身がSF離れしていたために、これまで読むことがなかったのだと思います。カバー絵だけでなく内容的にも、現在読むのは正直なところやや気恥ずかしく感じてしまうベタなスペオペなのですが、アメリカのそれとはまた違う味わいがあります。
 出だしからいきなり騎乗用の空飛ぶドラゴンやペガサスが登場するところは、ストルガツキー兄弟の「月曜日は金曜日に始まる」を連想させますが、この世界の有様はむしろエフレーモフの「アンドロメダ星雲」のそれです。それは特に天候制御をはじめとする地球の状態に現れており、手放しの科学技術麗賛振りには今読むと相当の違和感を覚えます。それだけでなく、「保護機」や「万能機」によって完全に安全を保障され制御されている社会というのは、「1984年」や「われら」並みの超管理社会と本質的にあまり変わらないのでは?

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク