ラブスター博士の最後の発見 (アンドリ・S・マグナソン著:創元SF文庫)

 昨年新聞の書評で見て記憶に留めていたアイスランド作家のSF小説ですが、さらにpiaaさんのレヴューを読んで購入を決めました。作品自体は良かったのですが相当久しぶりに文庫本を購入したので、通常の厚さの文庫本が本体価格1000円とはいつの間にこんなに本が高くなっていたんだろうとびっくりしました。また、裏のカバーの紹介文「優しくてちょっと奇妙な・・・」は、piaaさんも書かれている通り何だかずれているように思います。以前に紹介した「すばらしい新世界」や「1984年」が20世紀のディストピア小説なら、こちらはビッグデータが支配する21世紀のディストピア小説というべきでしょうか。
 現実世界でamazonで買い物をするとしつこい「関連商品」の広告に悩まされるのは、顧客の買い物情報を蓄積したビッグデータの解析によってamazonが推測した「次に買いそうなもの」を勧めてくる仕組な訳ですが、ビッグデータ解析が究極まで進んだ世界がどうなるのかというのが、この作品の一方のテーマです。ショッピングサイトが蓄積しているのは(本当にそれだけか疑いの余地はあるものの)公式には自社サイトを通した買い物データだけですが、インターネット関連の全ての事業を傘下に収める巨大企業グループが成立し、生体に埋め込まれた端末や超小型監視装置によって個人の全ての行動データを蓄積・解析する事が可能になったとき、個人はもはや自由意志で行動する事は出来ず、「あなたにとって最適」という形で強制された生活を送るようになるこの作品世界は、決して現実味のないものではありません。すでに現実のものになったウェアラブル端末や、「公共の安全」という大義名分によってすっかり受け入れられている街中の監視カメラがさらに進歩していけば、技術的には十分にあり得る近未来図です。
 他方で「世界中の祈りの行き先」や「ラブゴッド」にまつわる部分はかなり幻想的な展開であり、また「インラブ」によって引き裂かれたインドリティとシグリッドの試練と遍歴は深刻でありながらどこかユーモラスです。インラブがシグリットの「運命の人」と計算したペル・ムラの正体がシステムをハックしたストーカーだった展開はかなりぞっとしました。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク