イシャーの武器店 (A.E.ヴァン・ヴォークト著:創元推理文庫SF)

 私の子供時代にタイトルは見ていた作品ですが、読んだのは今回が初めてとなります。作者のヴァン・ヴォークトはSF黄金期を支えたカナダ出身(ただし後に米国籍)の大作家で、デヴュー作「宇宙船ビーグル号の冒険」や「スラン」が特に有名です。今回取り上げる「イシャーの武器店」は日本では後に出版された「武器製造業者」との二部作を成すという事は昔から認識していましたが、解説によると実は「武器製造業者」の方が先に(1947年)書かれておりそちらが本編で、1951年に書かれた「イシャーの武器店」は外伝に近い作品のようです。
 物語の最初に登場して未知の世界に投げ込まれる20世紀の新聞記者マカリスターがてっきり主人公かと思って読み進めるとさにあらず、実際の主人公はケイル・クラークとイシャー帝国の女帝イネルダであり、さらに彼らの行動を操っているシリーズを通しての主人公は武器店の創設者である不死者ヘドロックという奇妙な構成の作品で、マカリスターは時間振り子の一方の錘としてとてつもない未来と過去とを行ったり来たりする役割しか果たしていません。もちろんラストの一行で彼の行為が物語世界のすべてを作っている事が判るのですが、それは半ばメタな話で実際の話には一切かかわってきません。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク