FC2ブログ

天使の恥部 (マヌエル・プイグ著:白水社 Uブックス)

 少し前に紹介した「ヴィーナス・プラスX」は、リベラルな人間の心の奥底にも潜んでいるトランスセックスへの偏見をテーマとしたジェンダー系SFでしたが、今回紹介する「天使の恥部」は社会の中のマチズモ(通常「男尊女卑」と日本語訳されるが微妙にずれている)とそれに対する女性たちの選択をテーマとしたジェンダー系小説です。通常は一般小説に分類されると思いますが、未来世界のパートはSFとして読む事も十分に可能です。マヌエル・プイグ(1932--1990)はアルゼンチン出身の作家で、恐らくもっとも有名な作品は映画化もされた「蜘蛛女のキス」でしょう。
 第二次大戦前後の時代の名前を明らかにされない世界一の美人女優と現在(1975年)不治の病でメキシコの病院に入院中のアナ、そして天変地異後の未来世界で男性の性的欲望の処理を行う公的任務を行うW218という三人の女性主人公のパートが表面的には全く交わらずに描かれていますが、現実の世界にいるアナが病床で見ている夢の世界が残りの二人のパートであるというのが最も自然な解釈と思います。マチズモを絵にかいたような最初の夫フィトやその後に結婚を迫るアレハンドロからメキシコに逃れた主人公アナは、母国の抑圧的政権への反政府活動を支援する弁護士ボッシと付き合っているものの、彼の行動原理もまた形を変えたマチズモである事に不満を抱いています。その不満に対するアンチテーゼとして素晴らしいラブストーリーとして夢見たのが残り二人の人生という事のようで、一見すると地獄のようにも思われるW218の運命も、彼女にとってはうんざりしている現実よりははるかに素晴らしく思えるのでしょうか。

続きを読む»

スポンサーサイト



テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク