図書館大戦争 (ミハイル・エリザーロフ著:河出書房新社)

 「図書館戦争」はもちろん日本の小説ですが、きわめて似た日本語タイトルのこちらは現代ロシアの小説です。原題の直訳は「図書館司書」であり、この邦題には「図書館戦争」に意図的に似せた訳者と出版社の商魂を感じます。作者ミハイル・エリザーロフの生まれは旧ソ連時代のウクライナ(1973年)ですが、ロシア語で著作活動をしているロシア作家です。実はこの本を読んだのは一年以上前の事で、新聞の書評を見て興味を持って図書館で借りて読み、実際にかなり印象には残ったものの読んでいて気分が悪くなるような暴力とカルト描写にかなり引いてしまい、これまで紹介せずにいました。今回改めて記事をまとめる気になったのは、同じく現代ロシアの小説である「氷三部作」を読んで、「図書館大戦争」と同じテイストを感じたからです。
 現代ではほぼ忘れ去られているソ連の作家グロモフの書いた7つの本は、集中して一気に読むと読者に不思議な作用を与えるため、その力を知る熱狂的な読者には本来のタイトルではなくそれぞれ「記憶の書」「力の書」「喜びの書」「忍耐の書」「権力の書」「憤怒の書」「意味の書」と呼ばれ、貴重な宝物として扱われています。そして本を共有する読者のグループは「司書」をリーダーとする「図書館」や「読書室」を作り、本を奪い合う血みどろの戦いを繰り広げています。もちろんその戦いは本の力を知らない一般人には分からないところで行われており、戦いによる死者や重傷者も警官や医者を買収するなどして通常の事故によるものとして処理されています。このような、グロモフの本の不思議な力の発見と各図書館の成立およびその抗争の歴史が、この作品の初めの部分をなしています。グロモフの小説はソ連時代の公式に認められた文学である硬直した「社会主義レアリズム」の作品であり、大部分の読者には退屈あるいは馬鹿馬鹿しくて真面目に読む気がしない代物です。そのためソ連時代にさえ「集中して一気に読む」読者は稀であった上に、ソ連崩壊後は紙くず扱いされてほとんど目に留める人もいなかったのが、偶々何かのはずみに集中して読んだ読者が段々と図書室・図書館を形成し抗争が繰り返されていく過程は、ファンタジー世界の歴史記述のように読めて中々面白く感じました。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク