光車よ、まわれ! (天沢 退二郎 著:筑摩書房)

 子供の頃に読んだ知る人ぞ知る傑作児童書です。挿絵も含めて極めて印象に残っていた本で、今回改めて図書館で借り、恐らく40年以上振りに再読しました。文庫版ではなく昔読んだ単行本版を借りたのですが、これも私の記憶にあるものとはカバー画が異なっていました。どうやら私の記憶に残っている光車そのものの画の表紙は初版のものらしく、それの再現版が最近になって別に出版されているようです。
 それだけ昔に読んだ本であるにも関わらず、特に書き出しの部分などは一字一句レベルで記憶の通りだったのですが、一方で第二の主人公であるルミのパートは記憶がなく、そもそも主人公が一郎とルミとの二人居た事自体を憶えていないなど、かなり自分の記憶がまだらだったのが意外でした。さらに「水の悪魔」と「緑の服の組織」という別々の敵が存在し、一郎の同級生の宮本たち三人グループと学級委員の吉川とが別々の組織に属していた点や、ラストでも敵の一方としか決着が付いていなかった事すらも覚えておらず、こうなってくるとそもそも子供の頃この話をどこまで理解して読んでいたのかが疑問に思えるほどです。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク