FC2ブログ

パラークシの記憶 (マイクル・コーニイ著:河出文庫)

 先日紹介した「ハローサマー、グッドバイ」の続編、あるいは前作で残っていた様々な疑問に対する解決編です。
 物語の舞台は「ハローサマー、グッドバイ」の惑星で、前作から恐らく数千年後、主星と巨大惑星ラックスとによる惑星の取り合い周期のちょうど1サイクル後の年に、主人公の少年と一族の長であるその叔父との対立を描きながら、再び訪れようとしている40年の「大凍結」への対処がより大きなテーマとなっています。もちろん、惑星の特殊な天文学的条件は前作に引き続き大きなポイントですが、一方で前作とは二つの大きな設定の違いがあります。
 一つは、主人公たちの種族には自らの先祖の記憶を遺伝的に保持する能力があるという、前作ではまったくなかった設定です。正確に言うと、男性は自分の父親が自分を受精させるまでの記憶をそのさらに祖先の記憶も含めて引き継ぎ、同様に女性は自分の母親が自分を妊娠するまでの記憶を引き継いでいます。この設定によって、自分の生まれる前の過去に起こった出来事も祖先の視点から正確に思い出す事ができ、その結果現在直面した出来事に対して祖先がどのように対処したのかを倣う事ができます。そのため種族の社会的風習は非常に安定的に保持される一方で、新しい発想はほぼ生まれない非常に保守的な社会となっています。恐らくその理由で科学技術レベルは前作の世界よりもかなり退化していて、内燃機関による自動車は非常な貴重品であり、内陸と海辺との集落とはほぼ分断され交流がほとんどない状態です。また、遠い昔になればなるほどその記憶を想起するのは困難になるため、前作の主人公だったドローヴとブラウンアイズは遥か昔の危機を救った伝説の恋人としてのみ記憶され、彼らの具体的な行動はほとんど知られていません。
 もう一つの違いは、地球とは異なるこの惑星にすでに地球人が到達していて、原住民と一定の交流がある点です。この世界における二大宇宙航行種族の一方である地球人は鉱物資源を採掘するために数世代前からこの惑星に少人数ながら駐屯しており、原住民への限定的な物資・技術援助も行っています。ただ両者の関係は必ずしも良好ではないようです。もし「ブロントメク!」と共通の世界での作品であるなら、駐在しているのはヘザリントン機関の代表者なのかもしれません。また、地球人の科学技術レベルは原住民よりはるかに高いもののこの惑星に関する知識は限定的であり、主星・ラックスによる惑星の取り合いという数千年周期の現象に関しては、物語開始時点では気が付いていないようです。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク