オレンジ党、海へ

 「オレンジ党と黒い釜」、「魔の沼」に続く、「三つの魔法」シリーズの第三話です。オレンジ党の冒険の舞台はさらに広がり、太平洋に面した千葉県外房側の丘陵地が主な舞台となります。
 主人公のルミたちが何度か鳥の幻影を見た直後に、オレンジ党あてに海を臨む丘陵地帯を根城とする「鳥の王」からの助けを求める手紙が幻のような少年によって届けられます。一方で道也の元には、その鳥の王に捕まったという「カモメ」から助けを求める手紙が届き、「鳥の王」と「カモメ」のどちらを信用するべきかオレンジ党だけでなく読者も悩まされることになります。さらには古い魔法の使いてある源先生と配下の西崎ふさ枝のグループや「オレンジ党と黒い釜」にちらりと登場した「緑衣隊」、また「鳥博士」と呼ばれる異端の鳥類学者の石橋幸太郎先生も絡む複雑な構図で、正直なところかなり分かりにくい展開で話が進んでいきます。実は主題となるのは、オレンジ党リーダーである李エルザが、イギリス人の母方の祖母から受け継いだ宝石(正確には宝石そのものではなくそれがもつ不思議な力)の争奪戦であり、「鳥の王」はその力を横取りしようとする僭称者であり、源先生グループもほぼ利用されていただけにすぎません。今作のラストでは、緑衣隊の追跡を逃れたオレンジ党は海に旅立ち、以前の黒い魔法との戦いで亡くなったそれぞれの両親に(彼岸の国で)再会したらしい事が暗示されています。彼らの乗る船の船長として名が出てる「金船長」は、オレンジ党シリーズの前作である短編集「闇の中のオレンジ」に登場する人物のようです。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク