FC2ブログ

太陽系外縁部関係の記事4題

 このブログのタイトルにある「宇宙」と「SF」に関して、SF関係は今年もそれなりに書いてきたのに対して、宇宙の方は色々新発見等があったにも関わらず、気分的な忙しさにかまけて一年以上何も書いてきませんでした。ブログタイトルのつじつま合わせという感もありますが、今年も明日で最後となったこの時期にまとめていくつかの話題を書いておきます。

1. 以前にこのブログの宇宙関係記事で取り上げた太陽系外からの天体オウムアムアは、その後の研究で系外惑星系が形成される際に放出された彗星である可能性が強いとされています。最新鋭の天文位置衛星GIAAのデータにより700万個の恒星についてその運動を計算し、オウムアムアと過去に遭遇した4つの恒星を見出した研究結果が発表されています。
ガイアが明かすオウムアムアの故郷
 ただ、この日本語の解説記事でははっきりしないですが元論文のアブストラクトを読むと、4つの候補のうち最もオウムアムアと近づいた M2.5の赤色矮星HIP 3757でも100万年前の最接近距離が0.60±0.07pcと結構離れており、さらに相対速度が24.7km/sもあります。第二の候補であるG5矮星HD 292249は相対速度は10.7km/sと比較的小さいものの、380万年前の最接近距離が1.6pcもあり、こちらも故郷候補としては厳しそうです。また、連星系や巨大惑星が存在する系ならば大きな速度で天体が放出される可能性があるものの、これらの候補星は今のところ単独星と考えられています。

続きを読む»

スポンサーサイト



テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク