FC2ブログ

エドガルド・モルターラ誘拐事件 -- 少年の数奇な運命とイタリア統一 (デヴィッド・I・カーツァー著:早川書房)

 題名から想像するような推理小説ではなく、副題から解るように19世紀のイタリア統一に大きく影響を与えながらその後忘れ去られたある事件に関する歴史ノンフィクションです。キリスト教徒の召使によって両親に内緒で洗礼をされたユダヤ人の子供が、それを知った教会によって強制的に親元から引き離されキリスト教徒として育てられる、という現代の感覚では考えられない事例は、19世紀のローマ教皇領で何度も起こっており、ボローニャに住む9歳のエドガルド少年の事件もその一つでした。しかしこの事件が起こった1858年は、ローマ教皇の権威が失われオーストリアやフランスなどの周辺大国の軍隊によってその領土をようやく保っている時期だったため、両親を始めとするユダヤ社会による訴えにそれまでになく国内外での世論が沸騰して、それをきっかけとして歴史はサルディーニャ王国による教皇領の併合と最終的なイタリア統一へと進んでいきます。しかし一方で、教皇ピウス9世自らによりカソリック教育を受けたエドガルド少年自身はついに親元には戻らず、成人後はヨーロッパ中で布教を行う神父として活動しています。
 実はこの事件について私はこの本を読むまで全く聞いたことがなく、さらに読後にイタリア統一に関してネットで調べてみても全く記載がありませんでした。当時は国際世論を大いに騒がせたこの事件ですが、あとがきによると現在ではイタリア史においてもほぼ忘れ去られているようです。カソリック教会が自らの黒歴史であるこの事件を可能な限り忘却させたいのは当然として、ユダヤ教徒側でもほぼ忘却された理由に関しては、「エドガルド少年がユダヤ教と家族を捨てカソリックを受け入れた事が、ユダヤ教のキリスト教に対する敗北で民族の恥とみなされた」という著者のあとがきによる考察が的を射ているように思います。

続きを読む»

スポンサーサイト



テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク