FC2ブログ

太陽系外縁部関係の記事 その2

 前回の記事に引き続き、今回も太陽系外縁天体に関する2題です。

1. 前の記事でも紹介した、New Horizons探査機からのUltima Thule最接近時に撮影された映像が公開されました。
ウルティマ・トゥーレの鮮明な画像
すでに報道されているように、この天体は大小二つの球体が接合した雪だるまのような形状をしており、大きい方(直径19km)の天体がUltima, 小さい方(直径14km)がThuleと非公式に呼ばれています。もちろんUltima Thuleという名が付けられた時点ではこのような形状をしている事は解らなかったのですが、結果的に二単語の名をつけたのが偶然ぴったりの結果になりました。この形状は、太陽系形成の初期段階で、二つの天体が相対速度がほぼゼロの状態で衝突したためと推定されています。

追記:さらにその後の映像によって、UltimaとThuleは両方ともに球形よりもかなり扁平である事が明らかになってきました。
最果ての天体ウルティマ・トゥーレはパンケーキ形だった
記事にも書かれてるようにこの形は相当に想定外で、太陽系生成時にできた微惑星の形状がこのような形をしていたという事を意味するとなると、それを説明できる理論の修正が必要になるのでしょう。

続きを読む»

スポンサーサイト



テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク