FC2ブログ

侍女の物語 (マーガレット・アトウッド著:早川epi文庫)

 1948年に書かれた「1984年」と同様に近未来の抑圧社会を描くディストピア小説で、こちらは1986年の作品です。書かれた当時にモデルとしてまずイメージされるのは、最終章でも言及されているように、女性の権利が大きく制限されているイランやサウジアラビアなどの宗教保守派が権力を握るイスラム国家であり、近年でもタリバンやISに支配された社会がまず想起されるはずです。しかしながら同時に2016年の米大統領選後には、アメリカ自身のありうる最悪の未来予言として「1984年」と共に取り上げられるようになりました。この作品の舞台であるギレアデ共和国は、21世紀初頭のアメリカ合衆国において(トランプ大統領の支持基盤の一つでもある)キリスト教原理派によるクーデターによって作られた神権国家と設定されているため、「1984年」よりもさらにありうる米国の未来としてイメージされ、最近になってTVドラマ化もされているようです。
 物語はギレアデ共和国の「侍女」である主人公の一人称で語られ、すべて彼女の目線で描かれています。「侍女」とは「司令官」と呼ばれる指導階級の男性の子供を産むために国家から派遣されるいわば「子産み女」であり、彼女らは本名を奪われ司令官の付属物として、彼とその妻に仕える期限付き奴隷同然の扱いを受けています。そのため彼女の視点から見えるのは限られた周囲の状況のみで、合衆国が崩壊してギレアデ共和国に変わるという大事件がどのように進展したのかも、彼女が実際に経験したりTV報道で視た断片的な描写のみでしかわかりません。
 しかしながら作品の最後にある「歴史的背景に関する注釈」という章で、物語本体の時代から200年近く後の2195年におけるギレアデ研究シンポジウムでの研究発表という形で、ギレアデ共和国の歴史を俯瞰した視点での解説がなされています。それによると、物語本体の部分はギレアデからカナダに抜ける「地下女性鉄道」(南部奴隷州の黒人奴隷を逃がした秘密組織「地下鉄道」になぞらえた名称)の中継点であるバンゴアで発掘された録音テープの内容、とされており、従って主人公逃亡後の回想録です。ただし実際に彼女が逃げ切ったかどうかは不明で、彼女の本名自体も解っていません。一方で彼女の「司令官」の名は「フレッド」と解るため、ギレアデ初期の記録からほぼ特定されています。

続きを読む»

スポンサーサイト



テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク