FC2ブログ

創造された「故郷」 -- ケーニヒスベルクからカリーニングラードへ (ユーリー・コスチャショーフ著:岩波書店)

 ヨーロッパ北部のバルト海沿岸の地図を眺めていると、リトアニアとポーランドの間にカリーニングラード州というロシアの飛び地がある事に気が付きます。ここは嘗ては東プロイセンと呼ばれていた地域の北半分であり、第二次大戦の結果としてドイツ領からソビエト連邦のロシア共和国に併合されました。その時点では連邦の構成共和国単位ではリトアニア共和国によって本土と分断された飛び地だったものの、実質は同じソビエト連邦であり飛び地感はなかったのですが、ソビエト連邦崩壊後には再び真の飛び地となったものです。この本は、カリーニングラード州の東プロイセン時代から現在までの歴史及びその新旧の住民たちについて書かれた一般向け専門書です。なお、カリーニングラード州の州都もまたカリーニングラード市であり、副題にあるケーニヒスベルクは、この街のドイツ時代の名称です。
 そもそも驚いたのが、ソ連の政治家であるカリーニンとこの都市とは実は縁もゆかりもなかった点です。生地であるとか亡命時代にここでカリーニンが活動していたとかいう由来があるのかと思いきや、新たにソ連領となったこの街の名をケーニヒベルクから変更する議論の最中に偶々カリーニンが死亡したために彼の名が付けられたのが真相でした。

続きを読む»

スポンサーサイト



テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク