FC2ブログ

虚像のエコー (トーマス.・M・ディッシュ著:ハヤカワ文庫SF)

 ブログリンクにもある イクシーの書庫で紹介されていて興味を持った作品です。著者のThomas Michel Disch (1940--2008)はアメリカのSF作家ですが、1960年頃にイギリスSF界で起こったニューウェーブ運動の中心作家の一人であり、1967年に発表されたこの作品もその一つです。ニューウェーブ運動とは、それまで主流だった銀河を股にかけるスペースオペラに代表されるような大仕掛けのSFのアンチテーゼとして、人間心理などの内的宇宙の探求に焦点を当てた作品であり、実際この作品も「火星基地への転送」は単なる舞台装置に過ぎず、その副作用として生じたエコー達の人間的葛藤をテーマとしています。正直なところ、主人公ハンサード大尉のパートに第三者というか解説者的な視点のパートが挟まった形の記載は読みやすいとは言えず、また冒頭部分でのハンサードは石頭すぎてやや共感しにくく感じたのですが、彼の思想の理由がベトナム戦争でのトラウマにあると解って以降は、あまり違和感を覚えずに読み進められました。

続きを読む»

スポンサーサイト



テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク