FC2ブログ

トリポッド 3 潜入 (ジョン・クリストファー著:ハヤカワ文庫SF)

 前話でトリポッド支配に対するレジスタンス組織の拠点である「白い山」(おそらくモンブラン)にたどり着いた主人公ウィルとヘンリー、ビーンポールですが、実はレジスタンス指導者すらトリポッド自体が自律機械なのかそれとも他の生物が乗っているのかも解ってない状態でした。それを含めて敵の正体や弱点を探るため、ウィルらはドイツのライン川?流域のどこかにあるトリポッドの都市に競技大会の優勝者として潜入作戦を行います。
 この大会は体力のある若者を選抜して都市での奴隷として使うためのもので、いくつかもの種目があるものの、優勝するためには相当の運動能力が必要です。レジスタンス拠点が空気の薄い高山にあるため、そこで生活しているレジスタンスたちは平地の人間より体力があり、従って大会でアドバンテージがあるというのはなるほどの説明ですが、実はこの話は前話から1年しか経っておらず、それだけの期間でウィルらが高山に適応したのかは正直疑問が残ります。

続きを読む»

スポンサーサイト



テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク