FC2ブログ

焦熱期 (ポール・アンダースン著:ハヤカワ文庫SF)

 こちらもハードSFというべきか、少なくとも天文学的設定は非常にしっかりとした作品です。三つの恒星からなる連星系というのは、基本的にはこの作品のアヌ・ベル・エア系タイプしかありえない、つまり比較的近い距離を公転しあう連星系のはるか外側を第三体が長周期で公転する形しか安定ではなく、通俗SFであるような三つ以上の恒星が互いに近距離に存在する事はありえません。さらに言うと、そこに安定して惑星が存在するのなら、それも必然的にこの作品のようにどれか一つの恒星のみを公転するタイプであり、そのため内側の連星系の周期も人間レベルで言えば十分に長い必要があります。
 ただしアヌ・ベル・エア系の天文データに関しては疑問があります。アヌとベルの近星点距離が40auで遠星点距離が224auという事は、イシュタルから見たアヌの両点での光度比は(224/40)^2=31であり、4等級程度しか変わりません。従ってアヌの近星点での光度が太陽とほぼ同じベルの20%程度とすれば、遠星点に位置していても満月よりははるかに明るい-20等級程度はあるはずです。一方で、赤色矮星であるエアの距離が6000auすなわち0.1光年という事は、イシュタルから見たその明るさはせいぜい-3等級であり、せいぜい非常に明るい恒星としか認識できないはずです。天球面での動きも極めて遅いので、恒星ではない「もう一つの太陽」とは認識できないのではないでしょうか。ただイシュタル人の寿命が地球人よりかなり長く、さらに前の焦熱期以前の天文データが残っていると思われるので、何とか認識可能なのかな。

続きを読む»

スポンサーサイト



テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク