Justice League #33-34 「孤独の姫君」 (Maid of Honor)

ワンダーウーマンのドレス姿と、バットマン(というかブルース・ウェイン)の素顔を始めて見ました。一方でワンダーウーマンはスーパーマンとは異なり素顔が割れているようで、マスコミ(というかパパラッチ?)の格好の標的になっていました。ところで彼女は始めからダンスの相手の正体に気がついていたのでしょうか?
 再び登場したヴァンダル・サヴェジが、「戦争犯罪人」という非難に「それは祖父だ」と答えると言う事は、「歪められた過去」での過去の出来事(サヴェジがナチスドイツを一時的に乗っ取り、オーバーテクノロジーで連合軍を圧倒)はこの世界では現実となっている訳ですね。ただそうなると、彼がカズニア王女の婚約者に成れたのが不思議です。宇宙ステーション建設に最大の貢献をしているとするなら、カズニアはかなりの大国と思われますし、いくら本人でない(という事になっている)と言っても、例えばヒトラーの孫が英国王女と結婚するような話ですから。
 マスドライバーはBabylon5にも登場した強力かつ凶悪な兵器ですが、実際の所はあの程度の隕石が突入しても、どれほどの威力があるのでしょうか。もちろん例えば直径1mの隕鉄(4t程度)がそのまま地表にぶつかれば相当の威力がありますが、恐らく大気圏での摩擦熱で途中で分解して地表に届かない気がします。もっと大きな数十mクラスなら地表に届いて大変な被害をもたらすはずですが、ステーションに取り付けた装置で加速しているシーンではそれほどの大きさには見えません。パリを狙った第二弾はそれてカズニア城に突っ込みましたが、もしそんな大きさならあの程度の爆発では済まないはずです。
 ヴォックス大佐は始めからカズニアの特殊部隊のボスだったのでしょうか。それとも彼はサヴェジの子飼いの部下で、彼がカズニアに取り入る過程で一緒に送りこんだのでしょうか。とにかく大佐だけでなく彼の部下たちも、本来の君主であるオードリーの命令など聞かなかったという事は、いつの間にかカズニア軍はサヴェジ一派に乗っ取られていたようです。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク