Messenger探査機の水星周回軌道投入成功

 大震災以降はそれに関するニュース以外はすっかりかすんでしまいましたが、2004年8月に打ち上げられたNASAの水星探査機Messengerが、予定通りに3月18日に水星を周回する軌道に入りました。1974-75年に水星接近を果たしたMariner10号以来36年振りの水星探査機であり、この計画が成功すれば水星から土星までの惑星は全て周回軌道からの探査が出来た事になります。探査機メッセンジャー、水星軌道に投入成功!
リンクした記事にあるように、Mariner10号での探査で実際に撮影できたのは水星表面の半分以下なので、残りの半分以上は今回の探査で始めて詳細な観測データが得られる事になります。もちろん36年間の技術進歩も著しいので、前回の観測よりもはるかに多くのデータが得られる事は間違いありません。実際の観測は4月4日からおよそ一年間行われるようで、水星の磁場を始めとする多くの謎の解明に役立つ事が期待されます。
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク