Justce League Unlimited #1 "Initiation"の感想

 さて、"Initiation"の感想と、気がついた事を幾つか書いていきます。

 まず、「決別の時」のラストにおいてワッチタワーを失ったにも関わらず、この話では以前より強力そうな新たなワッチタワーが完成しており、しかも周囲にも幾つものステーションが浮かんでいました。普通に考えると、前話から数年は経っているのではと思われます。さらにどう見てもStarTrekと同じ技術の転送装置が装備されており、グリーンアローが「体の分子をバラバラにされるのはごめんだ」と再転送を嫌がるのがTOSのマッコイそっくりだったりと臆面ないパクリ振りですが、これがアメコミなんでしょう。
 ワッチタワーでのスーパーマンの演説場面では、多くのヒーロー・ヒロインが勢ぞろいしていますが、正直なところ誰なんだろうという人が多いです。旧メンバー以外に、旧作に登場したアクアマン、Dr.フェイト、エトリガン、メタモファーの姿が確認できました。さらにオリオンまで居たのですが、「神」も加わっているんですか?もっとも彼はスーパーマンの葬儀にも参加していましたから、結構義堅いのかもしれません。今回台詞があったのは、スーパーマン、バットマン、グリーンランタン、ジョンジョーンズの他、今回の主役のスーパーガール、キャプテンアトム、グリーンアローの7名でした。
 スーパーガールは恐らく日本でも知名度が高いと思いますが、今回の話ではかなり生意気な態度で、キャプテンアトムならずとも実際に会ったらイラっと来そうです。ワンダーウーマンに礼儀を教えてもらった方が良いのでは。
 キャプテンアトムについては知らなかったのですが、ランタン以上に軍人気質の人物のようです。どうやら彼の実態は純粋なエネルギーで、それが人間の姿をした外殻に入っているという設定らしく、従って今回の話でもその殻が壊れて爆発しても、回収してもらえば元に戻れるということです。
 グリーンアローは、ある意味バットマンと似た人間像であり、超能力は持たない常人ですが、弓の名人の富豪がクライムファイターをしているという設定です。そのためこの話の始めのように、「皆で協力して地球の危機をに備える」のには興味がないようです。
 数回聞いているうちに気がついたのですが、気絶して治療中のランタンが意識を取り戻した際の第一声が、「シャイアラ!」とホークガールの本名を叫んでいます。と言う事はこの時点では未だ、彼女に未練を残していたんですね。
 それにしても、東アジアでの核の怪物の暴走とは、この時期に見てしまうととても笑えない危機です。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。
こちらの粗筋と合わせてyoutubeで観てきました。
粗筋と合わせるとよくわかるので助かります、ありがたいです。

転送装置が登場しましたね、なるほどマッコイのねたありとは。
グリーンランタンがお髭だったのが印象的でした。
オープニングでもやはり多くのヒーロー登場を思わせるものになってますね。
少しづつですがyoutubeのほうも観ていきたいと思いますが、こんなに多くのヒーローが登場するのに日本で放送されないことは残念です。

No title

モリーさん、まだまだ震災の影響が残っていると思いますが、こちらへのコメントをありがとうございます。
この第一話だけは頑張って詳細エピソードを書いたのですが、二話以降はとても気力が続かず、また細かい部分の英語が十分聞き取れないこともあり、保留状態で感想のみのアップになっています。可能なら少しずつでも書いていきたいのですが。
今回の演説の場面でほぼ勢ぞろいしているリーガーたちですが、実際に活躍が描かれるのは一部に留まり、このアニメでは一回も台詞なしという可哀想なメンバーもかなり居ます。そんな中では今回の主役の三名は、今後の展開でも鍵を握る、創設メンバーに準じる重要なメンバーと言えますね。
プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク