Justice League Unlimited #4 "Fearful Symmetry"

「政府の意思」というものの存在が表に出る事がなかったJL時代に対して、Unlimitedに入ってからはリーグと政府との緊張関係が描写されるようになっています。特に第一シーズンから第二シーズンまでのストーリーの軸となるのが、リーグに対抗するためのアメリカ政府の秘密プロジェクト「カドムス」の存在であり、この話はその本筋に属する最初のものとなります。(ただしこの話の時点では、「カドムス」という名前そのものは言及されません。)なおこの回もまた、制作順と放送順とが食い違っていますが、制作番号に従う事にします。

 今回はUnlimitedになって始めて、創設メンバーが主役として登場せず、その代わりに主役となるのはスーパーガール、グリーンアローとクエスチョンの三人です。このうち前の二人は第一話に続いて早くも二回目で、画面には登場するものの最後まで一度も台詞のない可哀想なメンバーがかなり居る事からすると、非常に優遇されていると言えるでしょう。一方クエスチョンですが、世の中の様々の出来事が水面下でつながっており、その陰には政府あるいは謎の組織の意思があるという確信を持つ人物として描かれています。確かにコミックの世界観としては「正にその通り」なのですが、現実世界で同様の事を言いだす「陰謀論者」は、個人的にはとても付き合いきれないパラノイアとしか思えません。彼の顔は存在しないわけではなく、特殊なマスクで隠しているという設定で、肉体的にもバットマンと同様の通常の人間です。
 カドムスによるスーパーガールのクローンとして登場したガラティアですが、DCユニバースには非常に似た姿のパワーガールという登場人物が居ます。こちらの方はスーパーマンの従姉妹(当然味方)という設定らしいので、JLUでのスーパーガールの設定と重なっていますが、もちろん別人のはずです。と言う事は、JLUの世界には、パワーガールは存在しないという解釈で良いのでしょうか?
 ハードキャッスル退役将軍の話の中で、「ワイルド・カード」に登場したロイヤルフラッシュギャングだけでなく、「悪夢」と「消えた英雄」に出てきたヴォルカーナもカドムスあるいはその前身組織が見出して訓練していたらしい事が語られました。おそらくその時点では、優秀な超能力者を発見して秘密裏に政府の管理下に置くというプロジェクトだったのでしょうが、その後「正義の夜明け」で言及された、スーパーマンがダークサイドに操られて地球侵略を行った事件が、今回のスーパーガールのクローン育成の切っ掛けとなった訳ですね。
 ところでスーパーガールが夢から覚める直前に、三人が後から訪問する研究所が一瞬写りますが、これは研究所にも(スーパーガール以外の)あの叫び声の主が居るという事を示しているのだと思います。単純に考えるとそれはスーパーガールと意識がリンクしているガラティアという事なのでしょうが、あれは夢の中で殺された男の方の叫び声で、あの時点であの男が実際にガラティアに殺された、という可能性も考えられるのでは。
 スーパーガール(もちろんスーパーマンも)の「目からビーム」は強力な武器ですが、実際にはビームを放つとしばらく網膜が焼き付いてしまい、目が見えなくなりそうで、かなり運用しにくいように思います。(Five Star Storiesで実際にそのような描写がありました。)
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>スーパーガールとパワーガール
 ややこしいんですよね、この二人。とりあえず、このアニメシリーズでのスーパーガール(カーラ)はクリプトンの双子星アルゴスの生き残りということになっています。当然スーパーマンと血縁関係にはありません。種族は同じですが。

>目からビーム
 ヒートビジョンですね。二人とも、よほどイライラしてなければ人間相手にこれを使ってはこないという設定です。

>研究所
 スター研究所ですね。所長のエミル・ハミルトン博士はスーパーマンのアニメシリーズから登場している古株で長らくスーパーマンに協力していました。
 しかし、例のスーパーマン洗脳事件を契機に彼らに潜在的恐怖感を抱くようになり、理解者の立場を捨てカドムスに参加したようです(彼の担当はスーパーガールクローン)。なお、前シーズンでアポコリプスが絡んだときにスーパーマンがやけにナーバスだったのは、このときの騒動で同族カーラを生死不明の重態に追い込んでしまったためです。それでは。

No title

tamakaiさま、 いつもありがとうございます。

なるほど、スーパーガールはアニメシリーズではスーパーマンの従姉妹ではないんですね。しかもハミルトン博士は、本来は味方だったのですか。それもびっくりですが、確かにそうだからこそスーパーガールが彼の話をあっさり受け入れている訳ですね。

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク