Justice League Unlimited #5 "Kid Stuff"

今回は旧JLの「影の騎士」に登場したモーガン・ル・フェとモードレッドの母子ヴィランが再登場しました。リーグ側の登場人物も、スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンとグリーンランタンという創設メンバーの四名とエトリガンですが、前回の登場時とはかなり異なり、ユーモラスな展開となりました。

 「影の騎士」でも実はその気配が見られたのですが、モーガン・ル・フェは極悪というよりは我が子のためには世界をも敵に回す猛烈教育ママであり、これだけ尽くしてきた息子に裏切られたと嘆く姿には、同情を覚えます。さらにリーグメンバーとの契約をきっちりと守る律儀さや、老いさらばわれた我が子の面倒を見続ける無限の愛など、むしろかなり「良い人」なのではという気すらしてきました。
 子供の姿になったジャスティスリーガーたちの性格が面白く、特にワンダーウーマンの命令口調での仕切り振りが目立ちました。やはり元々「王族」だった彼女は、子供のころから命令するのに慣れていたのかもしれません。そんな中で彼女が示す「好意」を迷惑がるバットマンにもまた笑ってしまいますが、最後にモードレッドを挑発して護符から吸い取った魔力を使い切らせる所は、さすが頭脳派の面目躍如です。
 恐らく1500年近くも待たされていたモードレットが約束を待ちきれなくなったのは無理ない面もありますが、確かに母の考えていた通り、王になる資格は彼には未だなかったようです。「臣下」の子供たちの願いを叶えている場面でのうんざりしたという表情は、彼が「王の義務」を理解していなかった事を示しているように思います。
 前座に登場したコッパーヘッドの余りの小物ぶりや、大人に戻ったワンダーウーマンが慌てて抱いていたエトリガンを放り出すシーンなど、小ネタでも笑える場面が色々とありました。「子供に戻れて面白かった」とバットマンに言ったワンダーウーマンが「私は八歳のときから子供でなかった」と返されて嫌な顔をした場面は、どうやら彼女からのアプローチをすかされてがっかりしたという事のようです。
 ところでモーガン・ル・フェは前話でもキャメロット城のシーン以降は仮面を被ったままでしたが、という事は仮面の中はもはや昔の美貌は見る影もない老婆姿なのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク