Justice League Unlimited #14 "The Cat and the Canary"

第二シーズン最初の一話の主役は、ブラックカナリー、ワイルドキャットとグリーンアローの三人です。ワイルドキャットとブラックカナリーは第一シーズンでも画面には何回か登場しているものの、台詞があるのは今回が初めてです。それでもブラックカナリーの方は"Initiation"での登場が印象に残るのですが、ワイルドキャットに関してはそのようなシーンはなく、事実上の初登場となります。

 ワイルドキャットはバットマン、グリーンアローと同じように、リーグメンバーとしては珍しい超能力を持たない「普通の」人間であり、しかも特殊な武器すら持たずにもっぱら素手で戦う、ある意味では正統派、しかしながら希少なクライムファイターです。リーグにおいてはもっぱら若手の格闘指導に当たっているものの、年齢が高い事もあって外での実戦に参加する事は少いらしく、その不満からルーレットの主催する「メタブロール」に出場するようになったようです。ただ、彼はルーレットに何らかの契約の形で縛られていて、もはや尋常な形ではメタブロールから抜け脱せないのか、それともあくまで自由意思で参加しつづけているのかが、会話が十分聞き取れなかった事もあり、理解できませんでした。
 一方彼によって格闘術を鍛えられたブラックカナリーの方は、喉から発する超音波による衝撃を武器としていますが、考えて見るとこの能力はJL第二シーズンの"Maid of Honor"に登場したVox大佐と同じものですね。まさかこの二人には、何らかの関係があるのでしょうか?コミックでは彼女とグリーンアローは恋人同士という設定らしいのですが、アニメ世界ではどうやら二人が個人的に会話をしたのはこの話が始めてのような雰囲気でした。
 今回のグリーンアローの作戦は、自分の死を演出する事によりワイルドキャットに「私闘の筋の悪さ」を悟らせるという、いかにも「リーグの御意見番」にふさわしいものでした。しかしワイルドキャット自身はジョンジョーンズに勝手に私闘に参加していた事を懺悔するようですが、ブラックカナリーも「私怨で一般市民の財産を破壊した」感じなので、それなりのおとがめが必要なような・・・。まあ第三シーズンで、そのルーレットの逆襲が見られるようですが。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク