Justice League Unlimited #15 "The Ties That Bind"

 リーグ創設メンバー7名のうち、しばらく脱退していたホークガール=シャイアラですら第一シーズンでの主役があったのですが、フラッシュは全く活躍の場面がありませんでした。第二シーズンのこの話で、ようやくそのフラッシュが主役の一人となります。しかし彼と一緒に主役となったMr.ミラクルとビッグバーダは、本当にリーグメンバーなのかかなり微妙な二人です。アニメ「スーパーマン」を観ていないので今回の登場人物たちに関する設定が良く判らず、話についていけない部分があります。オベロンの立場が良く判らないのですが、彼にはやはりタイタニアという妻がいるのでしょうか?
アポカリポスの支配者ダークサイドの失踪は、恐らくJL第二シーズン第一話の"Twilight"の結果なのでしょうが、ずいぶん長い不在ですね。そのさらに前段となる(Supermanの)"Legacy"において、一旦はダークサイドを殺そうとしたスーパーマンが、彼が居なくなるとアポカリポスが大混乱に陥る事を知って止めたという事があったとどこかで読ましたが、なるほど正にその通りでした。アポカリポスの混乱が続いていた方が良いので手を出さない、というジョンジョーンズの判断は妥当ですが、やはりお人好しの彼はMr.ミラクル夫妻とオベロンを見捨てる事はしませんでした。しかし今回の場合、いったいどの時点で彼はカリバックと入れ替わっていたんでしょうか?JLの"Secret Society"でのときは、後からすると「あのときに入れ替わったんだな」という場面があったのですが、今回はそもそもどうやって三人についていったのかすら不明です。一方フラッシュの方は相変わらず単純な考えなしの性格ですが、「困っている人を見ると助けずにはいられない」という性格は、正統的な「正義の味方」らしいと言えます。
 グラニー・グッドネスは子供たちを虐待によって洗脳し、ダークサイド帝国の兵士に仕立てているという役どころのようですが、対するヴィルマン・ヴンダーバーの方の性格付けがはっきりせず、ここも良く解らない所です。見かけ的には、ナチスの上級指揮官といったイメージの人物なのでしょうか。カリバックはダークサイドだけでなくその部下にも軽んじられているようですが、それでも一応は「後継者」と言う事で、お飾りの支配者として必要とされているようですね。
 Mr.ミラクルは本来ニュージェネシスの支配者ハイファーザーの息子で、オリオンと交換でダークサイドの養子となったという事ですが、アポカリポスを逃げ出した後もグラニー・グッドネスの精神的虐待で負った深いトラウマを抱えたままのようです。その克服が今回のテーマな訳ですが、これもまたアメリカ社会の抱える問題の一つを扱っているように思います。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>今回の登場人物たちに関する設定が良く判らず、話についていけない部分があります。
 スーパーマンのほうをみてもわからないので安心してください。アメコミマニアでもなければ細かいところがわかりません。

>オベロン
 奇術師ミラクルのマネージャーです。今のミラクルは二代目で、かつては地球人の先代がいました。生まれてまもなく実の父親と引き離され、先代も亡くなって久しい彼には肉親同然の大切な存在です。

>ビッグバルダ
 元々はグラニー御自慢の部下でした。しかし、いろいろあってミラクルと結婚してポコリプスから離反。今回の事件には優秀な部下に裏切られたお局様の恨みというか、そういう嫌がらせも含まれていたわけですね。

No title

tamakaiさん、詳しい説明をありがとうございます。そうするとオベロンは特に妖精世界等とは関係のない、普通の人間なんでしょうか?
ビックバーダとグラニー・グッドネスはいかにも色々な因縁がありそうですね。
ところで「ニューゴッド」という存在は、名前から連想する「神」ではなく、スーパーマン等と同様あるいはやや上程度の「超人」と理解すべき存在なのでしょうか?

No title

>>「ニューゴッド」という存在
 一応、全員神様です。ただ、DCコミックの地球に大いに影響を及ぼしたギリシア神話の神様達と違って、魔法よりも機械に重きを置き、科学文明を好んで発達させました。そのためか、死んでも蘇ってくる不死性の高い人(ダークサイド)から、死んだらそれっきりという潔い神様も含めてピンきりです。

No title

tamakaiさま、 質問に答えてくださりありがとうございます。
なんとダークサイドは単に異常にタフであるのではなく、「何回も死んでいる」んですね。
ところで北欧神話系統の神はDC世界には登場しないのでしょう?「マイティ・ソー」は確かマーベル系ですよね?

No title

>>ところで北欧神話系統の神はDC世界には登場しないのでしょう?
 ニュー・ゴッズのモデルがまさにその北欧神話です。丸ごとひっぱってこなかったのは、ライバル会社と余計な裁判沙汰になることを忌避したのではないでしょうか。
プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク