発見から軌道を一周した海王星

 1846年9月23日に発見された海王星は、その公転周期が165年弱です。従って今年の7月12日で、発見されて以降で軌道をようやく一周した事になります。発見から“一周”年、海王星の歴史を振り返る
 海王星の発見の経緯は天文ファンにはかなり有名で、「天体力学の勝利」として語られる事が多く、上にリンクした記事にも詳しく述べられています。ただ、「計算の根拠となるデータが間違っていたので発見は偶然に過ぎない」という記述を読んだ事があるのですが、実際の所はどうなのでしょうか?
 なお、海王星の観測自体はガリレオに遡るという事ですが、ガレ以前の観測では海王星を惑星とは認識していなかったようなので、これらの観測は「海王星発見」には勘定しないのが普通です。
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク