Justice League Unlimited #23 "Flashpoint"

 前話でカドムスの施設に囚われていたクエスチョンを救出したスーパーマン、ハントレスの前に、軍の命令を受けたキャプテン・アトムが立ちふさがった所から、今回の話は始まりました。キャプテン・アトムは赤い太陽の放射に弱いというスーパーマンの弱点を突いて善戦しましたが、やはりスーパーマンに敵わないのはある意味当然というかお約束です。彼自身も初めから敗北を覚悟の上で、軍の命令に背けなかったのだと思います。その彼を倒したスーパーマンが、それでも彼を仲間として扱うというのも、あるいはダークサイドに洗脳されていた自分の過去に彼の立場を重ねていたのかもしれません。ハントレスに自分のコミュニケーターを渡してしまったスーパーマンがキャプテン・アトムを連れてどうやってワッチタワーに戻ったのかやや不思議なのですが、コミュニケーター以外にもワッチタワーが転送目標を補足する方法はあるのでしょうね。
 一方で気になったのが、ハントレスのあまりの強さです。前回の突入時もすでにそうだったのですが、今回は重傷のクエスチョンを庇いながらスーパーマンの援護なしという条件で、多数の保安部隊を文字通り一蹴していました。これがスーパーマンやワンダーウーマンのような「超人」(メタヒューマン)なら理解できますが、彼女の場合はいくら鍛えているとはいえ通常人です。飛び道具で武装した多数の相手に完勝するなど幾らなんでもありえないと思うのですが。
 ルーサーがなぜワッチタワーのコントロールを簡単に乗っ取れたのかが、少なくともこの時点ではよく解りません。建設時にバグを仕込んでいたなんて事ではないのでしょうね。しかし以前にも書きましたが、軌道ステーションであるワッチタワーからのレーザー砲が、なんで「真上から」カドムス本部を攻撃できるのでしょうか?
 今回も台詞はありませんでしたが、Dr.ライトが宇宙空間に漂うスーパーマンを回収する、地味ながら重要な役回りを演じていました。そういえばスーパーマンはマスクなしで宇宙空間に飛び出していましたが、きっと彼くらいなら短時間なら酸素マスクなしでも大丈夫なのでしょうね。それ以外に気になった地味メンバーは、ヴァイブとジプシーです。ヴァイブの能力は名前の通りで、超音波を発してそれを使って空を飛んだり物を持ち上げたりもできるようです。一方ジプシーですが、あれは壁抜けでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>ハントレスの強さ
 考えるだけ無駄なんじゃないですかね、あれは。

>ルーサーのハッキング
 その気になればいつでも出来た切り札だったかな。まあ、JLという組織は結成の経緯からして地球人民のためのものなんで、政府側に攻撃されるとつらいです。

>一方ジプシーですが、あれは壁抜けでしょうか?
 壁と同化、もしくは、単なるカメレオン迷彩だったかな? 自分も彼のことは全く知らないので詳細を把握するには、先日翻訳刊行されたDCキャラクター大事典を読むしかなさそうです。

No title

tamakaiさま、やや久しぶりのコメントをありがとうございます。ハントレスの件は確かに野暮な突っ込みなのでしょうが、他のメンバーと比べても強すぎる気が。
記事では書かなかったのですが、今回の展開と登場人物は「ウォッチメン」を意識しているのでしょうか?ロールシャッハとクエスチョン、Dr.マンハッタンとCpt.アトムが対応しているとすると、全世界的な陰謀において本来は味方である両者が敵味方で対峙する、という展開が被っているように感じます。

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク