Justice League Unlimited #25 "Divided We Fall"

 これまで利用していた動画サイトが最近になって使えなくなったため、記事を書くために再度映像を確認するのがすっかり遅れてしまいました。今回がカドムスアークの完結であり、物語の大きな転機となりました。そしてルーサーもまた、ブレイニアクの「魅力」に取りつかれて追い求め、それが第三シーズンの主題に結びつきます。
 前話の記事にtamakaiさんからコメントがありましたが、なるほどルーサーの体内に隠れていた経緯に関して、ブレイニアク自身の説明がありましたね。しかしそうなると、今回の結末でもまた、どこかにバックアップが残っていてもよさそうな気が。

 創設メンバーとの初回の交戦でいきなり完勝と思いきやジョンジョーンズの逆襲にブレイニアクがあっさり逃げ出した経緯が良く解らなかったのですが、あの時点ではまだ完全ではなかったという事のようです。その後第一シーズンに出てきたバーサーカーマシン「ダークハート」と融合して、今度こそ完全となったようですが、正直言うとブレイニアクなら始めからあのレベルの技術など超えているのでは。ジャスティス・ローズのアンドロイドを作り出してわざわざ戦わせた理由が始め理解できなかったのですが、これは融合が完了するまでの単なる時間稼ぎだったのでしょうね。スーパーマンとワンダーウーマン、ジョン・スチュアートとシャイアラがそれぞれ相手を取り換えて撃破したのはちょっと面白かったです。
 今回改めて納得したのは、実はフラッシュが能力的に最強だという点です。いくつかの解説サイトでこのような記載を読み、「最強なのはスーパーマンだろう」と疑問に思っていたのですが、今回などを見ているとなるほどと思いました。思い出してみると、JLの「蛇族の呪」での最後の危機を救ったのも彼でしたね。「通常の危機」においてはやや無能に見え、他のメンバーの足を引っ張ることもあるフラッシュですが、スーパーマンさえ相手ができない「全世界的、宇宙全体の危機」にこそ、その真価を発揮するようです。どれからこれまで三話は画面に登場はしたもののエキストラ状態だったシャイアラでしたが、今回はきっちりと活躍してくれました。スピードフォースに引き込まれていたフラッシュを救い出した直後に彼女が彼を抱きしめて頬ずりするシーンは可愛かったですね。
 リーグの解散を一旦は宣言したスーパーマンを諌めたグリーンアローは、第一話でバットマンが言っていた通りの「ご意見番」としての役割を果たしました。彼とスーパーガール、キャプテンアトムといった辺りが、創設メンバーに続く主要メンバーといった感じですね。

 以下のリンクに、カドムスアーク全体の出来事を纏めた粗筋の記事があり、参考になります。
より良い世界:米玩亭
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク