バットマン: ブレイブ & ボールド #21, 22, 24, 25, 26

 最近になってカトゥーン・ネットワークで放映されているのを知り、シリーズ途中から見始めたアニメですが、主役のバットマン以外にさまざまなヒーロー・ヴィランが日替わりに登場するJLUを思わせる展開で、結構面白いですね。アメリカでの放送自体が2008年からとごく最近の作品ですが、登場ヒーロー自体はむしろやや古典的なメンバーのように感じます。ただしスーパーマンやワンダーウーマンといった大物はほぼ登場せず、マイナーヒーローとバットマンとの共演が基本のようです。また例えばグリーンアローやアクアマンなどはJLUとはかなり絵が異なる若い姿で登場しており、性格もかなり軽いなど設定が結構異なっています。これに関しては、アニメ・スーパーマン--JL--JLUという一連の世界とこちらの世界とは、いわゆる「パラレルワールド」の別世界と考えるべきなのかもしれません。
それから、タイトル前のいわゆる「アバンタイトル」が、基本的には本編とはつながりのない別の話になっていて、いわば極短編と中編の二本立て放映のような趣です。ただし、本編と微妙に絡んでいるように見える場合もあります。
とりあえず以下の五話を観ました。
#21: 裏切りのバトルアリーナ (Duel of the Double Crossers!)
登場した悪役のモングルはJLの彼と同一人物ではなく、その息子という設定のようです。姉のモンガル(モンギャル?)の手勢はステッペンウルフ、ストンパ、ラシーナとアポコリプスのメンバーばかりですが、彼女はダークサイドと何らかの契約でも結んでいるんでしょうか?しかしこの話の限りだと、ラシーナは悪役というよりも実はキャットウーマン的なアンチヒロインタイプなのかも。

#22: 地球最後のコウモリ (Last Bat On Earth!)
カマンディはこの話で初めて知ったのですが、はるか未来世界の「地球最後の少年」との事です。ただし、バットケープの状態とかを見ると、実はそれほど「はるか」未来ではないような気もします。悪役のグロッドは、こちらの世界では本当に「ゴリラそのもの」ですね。しかし未来まで行ってあの世界を支配しても面白いんでしょうか?

#24: イクワノクスの運命 (The Fate of Equinox!)
なぜか#23が抜けて、放映が一話飛びました。イクワノクスはこのシリーズのオリジナルヴィランで、今回放送されなかった前話を含めて第一シーズンの複数の事件の黒幕だったという設定らしいです。この話では、アバンタイトルと本編と両方でヴィランが「左右で別の顔」という見かけ上の関連性の他に、バットマンの「決まり手」が「卑怯」という点も共通しています。

#25: ミュージカル・パニック! (Mayhem of the Music Meister!)
この話はアバンタイトルがほぼ存在せず、いきなり本編に入りました。ヒーローもヴィランも歌うミュージカル仕立てのとても楽しい話ですね。ミュージックマスターの計画そのものは、JLの「ワイルド・カード」でのジョーカーの計画を連想したのですが、もっと明るい内容です。冒頭に登場するグロッドは#22でバットマンに捕えられているのですが、あっさり脱獄していたのでしょうか。またクロックキングはおそらくJLUの"Task Force X"に登場したのと同一人物と思うのですが、そちらでは妙なコスチュームは着ていませんでした。このヴィラン三人組は、このシリーズでは結構頻繁に登場するようです。

#26: 団結!アウトサイダーズ (Inside the Outsiders!)
アバンタイトルでのバットマンとキャットウーマンは、グリーンアローならずとも「二人で勝手にじゃれあってくれ」と言いたくなりますね。もしかすると本編でバットマンが楽しんでいた想像が、このキャットウーマンとのデートだったりするんでしょうか。
その本編の悪役サイコパイレートは、JLの「悪夢」」に登場したDr.デスティニーを連想しました。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク