バットマン:ブレイブ & ボールド  #32, 34 ,35, 36, 37

 今週も五話放送されましたが、理由は不明ながら#33が抜けています。
アバンタイトルでは二話でスターロの侵略の進行が描かれ、すでにアクアマン、ブルービートル、グリーアローを始めとして地球のヒーローたちの大部分が、スターロの影響下に置かれているようです。ここまで危機的な状態にバットマンが気が付いていないのは不自然すぎる気が。
#32 戦え!メタルメン Clash of the Metal Men!
メタルマンの「金・白金・鉄・水銀・鉛・ブリキ」ですが、鉄以外は柔らかい金属ばかりで戦いには向かないような気がします。さらにブリキは「スズをめっきした鋼板」なので、他のメンバーとはカテゴリーが違うように思います。一方ガスギャングの方ですが、何で「窒素」が冷凍能力なんですかね。液体窒素のイメージなんでしょうが、それなら液体水素や液体ヘリウムの方がより低温です。またヘリウムよりも水素の方が軽いのですが。

#34 サイドキックたちの成長 Sidekicks Assemble!
「ミュージカル・パニック!」でのグリーンアローとブラックカナリーのなれ初めもそうでしたが、今回のラストでロビンが独立してナイトウイングと名乗る経緯は、「DC世界全体で共有されている設定を、このシリーズ独自に再説明している」という感じの話でした。レイシュ・アル・グールの特徴づけはポイズンアイビーと極めて似ているのですが、全然関係ないのでしょうか?
それから混乱しているのですが、アクアラッドはアクアマンの息子とは別人なんでしょうか?

#35 スーパー・バットマン誕生? The Super-Batman of Planet X!
バットマンでスーパーマンのパロディをやっている感じの、ちょっと可笑しい話です。しかしロートルは何で地球の事を知っていたんですかね。

#36 シャザムの力 The Power of Shazam!
キャプテン・マーヴェルに関するさまざまな設定の説明のような話でしたが、ラストの作戦はさすがバットマンでした。確かに古典的なトリックなんですが、絶妙のタイミングですね。Dr.シヴァナは名前からしてもおそらくインド系でしょうが、キャプテン・マーヴェルの元々の宿敵のようです。

#37 闇 Chill of the Night!
ファントム・ストレンジャーとスペクターは、一見すると普通人のような姿をしていますが、実は「神」とでもいうべき能力を持つ存在です。あの様子だと、両者とも以前にもバットマンの前に現れた事があるようですね。今回もバットマンの設定の再説明のような話ですが、彼の両親を殺したのがジョー・チルだという設定は、現在ではかなり微妙になっているそうです。バットマンの正体が「チルが昔殺した男の息子」という情報がヴィラン仲間にばれてしまったのはまずいのではとも思いますが、バットマン自身がこれまでチルの名前を確認できなかった事から類推すると、この情報だけからはバットマンの正体を暴くのは所詮無理かもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク