バットマン:ブレイブ & ボールド  #43, 44, 45, 46, 47

 第二シーズン後半は「ヒーローたちの死」ともう一つ「女性ヒーローの活躍」が隠れたテーマになっているような気がします。
#43 怪人マチス・マローン The Mask of Matches Malone!
アヴァンタイトルでのポイズンアイビー、ブラックオーキッドを含め、女性陣が主役の回でした。しかしバットマンはモテモテですね。ポイズンアイビーは男嫌いという設定のはずですが、バットマンだけは別のようです。キャットウーマンとのもみあいは、ブラックカナリー、ハントレスならずとも二人でじゃれ合っているとしか思えません。

#44 またまた未来から来たヒーロー Menace of the Madniks!
かなり切ない話でした。二代目ブルービートルのテッド・コードは、人間としては三代目よりもはるかにできていますが、すべて自力開発の武器で戦っている訳で、「ブルービートル」である理由が不明な気もします。それはともかく、二年前の過去が変わって現れたマッドニクスが変異した怪物の様子からすると、二年後どころか数日中にゴッサム全体が破壊されていないのが不思議です。変異して暴れた直後に一旦バットマンに制圧されていたのが、二年後になって再び復活した、とかなんですかね。あの解決でも、相当に過去が変わっているのに問題はないのでしょうか?

#45 恐怖のエンペラー・ジョーカー Emperor Joker!
メタな存在であるバットマイトが登場して、話の筋としては「何でもあり」状態ですが、とても面白かったです。「最強の敵が存在しない世界では、自分自身の存在意義もない」というのは、こういった話では時々見られる設定です。ハーリクインの姿にやや違和感がありますが、時代背景に合わせたという事のようですね。

#46 入れかわった心 The Criss Cross Conspiracy!
色々と考えさせれられる話でした。バットレディが活動を禁じられた理由自体は、女なのに素性が割れたからではなくて、行動自体に問題があったからなのは確かなのですが、例えばスーパーマンを始めとするパワー系のヒーローたちの建物を大量破壊しながらの戦いは、一般人の犠牲が大量に発生しているはずですから、彼女があの程度で責められるのは不当な気もします。彼女がバットガールを見てつぶやいた「独り立ちした女ではなくて小娘を使っている」というのは当たっており、「女性はサイドキックしか勤まらない」という暗黙のルールが現実世界より自由なコミック世界でも存在している事を思い出させます。「ジャスティスリーグ」では相当な悪党だったフェリックス・ファウストですが、少なくともこの話ではあまり悪人という感じではないですね。

#47 ロボットたちの反乱! The Plague of the Prototypes!
アヴァンタイトルは今一つピンとこないというか、現在アメリカが目指している「ハイテク・非対称戦争」への皮肉なんでしょうか。ところであの地雷が爆発するのに何であんなに間があったんですか?
本編のプロトのデザインはまるで手塚作品で、話自体もそういった感じですね。一方「バットボット」の方は、テリーバットマンのデザインを思い出しました。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク