Justice League Unlimited #34 "The Great Brain Robbery"

 最高の頭脳を持つヴィランであるレックス・ルーサーの心が、最強クラスのメタヒューマンの肉体に入ったらどうなるのか、それが今回のテーマです。
 ブレイニアックの復活に執着するルーサーがグロッドの心から鍵を探り出そうとするのと、Dr.フェイトがフラッシュの心からグロッドの居場所を探ろうとするタイミングがちょうど一致したのは出来過ぎですがそれはともかく、それで何でグロッドでなく二人の心が入れ替わったのか今一つ理解できません。まあ、それを言うのは野暮なのでしょう。事態にすぐに気づいてあっと言う間に逃げ出したルーサーと、中々状況が飲み込めずないフラッシュの対比が面白く、特にルーサーがフラッシュの能力を使いまくって次々と封鎖を突破していくのは、ある意味爽快です。ただ、通路にキャプテンアトムを含むヒーローたちが倒れている場面は、恐らく彼がやったのだと思いますが、実際のところどうやってあれだけ倒したのでしょうか?スターマンなど勝手に倒れていたようにも見えますが。最終的にはMr.テリフィックとの頭脳戦で敗れはしましたが、スイッチ一つで重力が操作できる側の圧倒的有利さに破れたのは仕方ない気がします。ところでMr.テリフィックの周囲に浮いているボールは何なのでしょうか?投げて爆弾というのは解りましたが、それだけではありきたり過ぎるのでは。
 もう一人注目だったのがタラです。グロッドからすばやく勝った側に乗り換えたのはともかく、今回のベタベタ振りは正直ちょっと引きました。しかもどうやら本物のルーサーには相手にされていない雰囲気で、フラッシュと入れ替わった後の方が、彼女にとっては理想的だったのかもしれません。ラストでルーサーが元に戻ったのを見て、なんだかがっかりしている様子でしたし。
 それからもう一人、Dr.ライトが久しぶりに台詞があり、しかも活躍していたのも嬉しかったです。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク