Justice League Unlimited #38 "Alive !"

 Unlimited以前の2シーズンも加えれば通算5シーズン続いたこのシリーズも、この2連話で結末を迎えます。Unlimited以前の"Twilight"で消息不明となっていたダークサイドがここで復活とは、かなりびっくりしました。ルーサーとグロッドという「知性派ヴィラン」同士の全面対決は予想通りにルーサーの勝利で決着しましたが、両者それぞれに付いたヴィランの面子が、どういう基準だったのかは私には不明です。しかしグロッドは、ルーサーの「マインドコントロール反し」を以前にも食わされていたような気がしますが、意外と間抜けというか、正に「所詮は猿知恵」なのでしょうか。またジャイガンタはグロッドに捨てられた事で、相当に恨みを抱いていたんですね。
ボスの乗り換えを繰り返した挙句に悲劇的な最期を遂げたタラですが、ある意味極めて人間的です。自分には何の意味も無いように思えるブレイニアクの断片に囚われ続け、幾らつくしても報いてもらえない相手を見限って元鞘に収まるのはある意味当然ですし、見苦しい命乞いもいかにもでした。一方キラーフロストの裏切りもあまりに思い切りが良く、もはやあっぱれというレベルでした。まあ彼女の場合、個人的にトイマンに仕返しをしようとして逆にやられただけという感じでしたから、ボスがルーサーでもグロッドでもどちらでも良かった(あるいは悪かった)のでしょう。
 アポコリプスの絶対君主不在の中、ヴィルマン・ヴンダーバーとグラニー・グッドネスの後釜争いが最終決戦を迎えようとしていた正にそのときに、ダークサイドが帰還したというのはもちろん出来すぎですが、なるほど確かにあの星は彼が居なくてはどうにもならない所なのですね。カントとベルナデスは両軍の副将格のようですが、そういえば不肖の息子カリバックはあの場でどこに居たのでしょうか?
 一方で、ブレイニアクを復活させるための装置のスイッチを入れようとしたときに時間を止めて現れたメトロンですが、ダークサイドやハイファーザーと同格のニューゴッドの一員のようです。もちろん彼は、装置を働かせればダークサイドが復活する事を知っていた訳ですが、最終回の展開も全て見通していたのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク