Star Trek: Into Darkness

 全面的な歴史改変(リブート)によって新たな時間線における新シリーズとなって2作目となる映画は、私には前作よりも楽しめました。正直なところ、登場人物の俳優変更に対する違和感はまだ残っていますが、序章の未開惑星での部分以外は旧ST世界との不整合性はそれほど感じず、旧作映画ST2(カーンの逆襲)への全面的なオマージュによるオールドファンへのサービスも嬉しかったですね。そして"5 year mission"へと繋がるラストのナレーションに感激しました。
 以前の記事にも書いたように私は前作をあまり高く評価していないのですが、その最大の原因は宇宙艦隊における階級制度の乱れです。その潜在能力が高く評価されていたとは言え一介の士官候補生であるカークが、いきなり最新鋭艦の艦長になって・・・という展開は、どんな非常時であってもまともな組織だったらありえない話です。(実質)軍隊組織における下位階級者の英雄的行為に対する褒章なら、最高位の勲章というものが用意されている訳で、昇進自体はどんなに高くても二階級特進が限度でしょう。士官候補生(しかも直前には軍法会議に掛けられていた!)がいきなり大佐に昇進という展開は、組織の実際を知らずに頭の中だけで思い描いているシナリオ作家の産物にすぎません。今作も最初の未開惑星での一件及びその結果の部分までは、前作同様に「カークの階級エレベーター」となるのかと思い、正直またかと思って冷めた目でみていたのですが、そこからは急速にストーリーに引き込まれていきました。
 まずハリソンの正体に意表を突かれました。正直なところ、旧作でのカーンには全然似ていませんが、「筋肉馬鹿」にしか見えなかったENTでの優性人類たちや"Andormeda"でのニーチアンに比べてはるかに知的な雰囲気であり、「優性人類」に相応しい姿です。彼の正体が明らかになってからの展開は、旧作映画第二作を全面的に意識したものであり、オールドファンは「旧作の展開はああだったけれど、新作ではこう来たか!」といった楽しみ方ができるものでした。ラスト近くでは、「もしかして次作は『ミスターカークを探せ』か?」と思ってしまいました。
 一方でマーカス提督の悪どさも印象的です。旧TOS時代にはほぼ登場せず、恐らくTNG終盤の「ペガサス号事件」で始めて登場した「戦争好きの将軍」の系譜の人物ですが、やはり言及されたセクション31が連邦創設時からすでに存在しているのなら、彼らもまたこの時代から艦隊内に存在して当然です。しかしマーカス博士の父親という形での登場とは意表を突かれました。この辺の設定は、後のカークと彼女との感情の縺れに関わってくるのでしょうか。
 序盤の未開惑星での無茶な作戦からカーク降格までの展開は、後から考えてみると「艦隊の誓い」を遵守する事の不可能さを示しているように思えます。いみじくもパイクが指摘したように、遵守するためには惑星住民を救う作戦を実行しないしかなく、そうなってくるとどんな状況でも「静観して見守る」しかなくなって、艦隊の存在意義そのものが問われる事になります。この辺は恐らく、国際秩序を守る「唯一の超大国」という立場を自ら失いつつある現在のアメリカの国内世論を反映しているのではないでしょうか?
 ところで未開惑星でのシーンで一つ疑問が。カークが逃走用の恐竜?を麻痺させたシーンで、彼を怒鳴りつけているのは一体誰なのでしょうか?カークを頭ごなしに罵倒した口調からすると彼の上官少なくとも同格の士官としか思えないのですが、あの場面でエンタープライズの艦長以上の士官が居るとは思えないし・・・・。それとも単に吹き替えの問題(ミス)で、元の英語台詞ではかなり違う口調だったのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スター・トレック イントゥ・ダークネス

先行上映で観てきました。JAGのターナーが出ていてびっくり!以下ネタバレあり!

コメントの投稿

非公開コメント

2回見ました。
カークがクルーを救うために自らを犠牲にし、冷静なはずのスポックがカークの死に感情むき出しになり、結果二人の友情がより強固なものになる、というベタながら巧い展開でしたね。
ハリソン(カーン)はマーカス提督の魔の手から部下を救おうと頑張ってたわけで、あそこまで凶悪でなくても良かったような気もしますね。

>カークが逃走用の恐竜?を麻痺させたシーンで、彼を怒鳴りつけているのは一体誰

え?マッコイですよ

お久しぶりです。

1ヶ月以上前に1度しか観ていないので詳細をほぼ覚えていませんが、ジョン・ハリソンの悪役っぷりは印象的でしたね。
そもそもジョン・ハリソンにカンバーバッチを起用したことには初めから監督に狙いがあったようです。
字幕版でその活躍ぶりは声もまたジョン・ハリソンを演じていて素晴らしかったです。


piaaさん、モリーさん、コメントをありがとうございます。
実は記事を書いた後で、「そういえば旧作でも年上のマッコイだけはカークとタメで話していたな」と思い出して、あれはマッコイだったのかもとは気が付いたのですが、正直初見では判りませんでした。まだ新作の俳優に馴染んでいないからなのでしょうね。
プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク