Dawn探査機によるCeres観測

 少し前の記事本文には書き忘れていましたが、NASAのDawn探査機によるCeres探査も太陽系探査に関する今年の重大イベントです。2007年9月27日に打ち上げられたこの探査機は、火星でのスイングバイの後に2011年7月16日に最初の調査対象であるVestaの周回軌道に入り、一年ほどVestaの観測を続けていました。その後2012年9月5日にVestaを離れ、次の調査対象のCeresに向かっていました。
 このように2つ以上の天体を調査対象とする探査機は木星、土星、天王星、海王星を次々と訪れたVoyager2号を始めとして他にもいくつもありますが、それらはすべて通過型の探査であり、今回のように一旦入った周回軌道から離脱して別の天体へ向かう探査機は、Dawnが始めてとなります。これはもちろん、Vestaの重力が大惑星よりもはるかに小さいために探査機のエンジン推進力のみで軌道から離脱可能なためです。
 Ceresの周回軌道に入るのは当初の予定では今年3月だったのですが、途中で宇宙線によるトラブルで一時的にセーブモードに入ったために約一ヶ月到着が遅れ、2月始めの現時点ではCeresから145,000kmの位置を飛行中です。すでに観測は開始されており、以下のリンクにあるように地球からの観測よりはるかに良いCeresの映像が送られてきています。
Dawn Getting Closer Views of Ceres
 このまま順調に進めば今年4月から7月までCeres周回軌道に留まり、その後余力があれば延長ミッションとしてさらにPallasへ向かう事も検討されているようです。
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク