燃料電池車は本当に究極のエコカーなのか?

 かなり以前からクリーンエネルギー自動車の本命と言われ続けてきた燃料電池車ですが、ついにトヨタ自動車のMIRAIの発売が開始され、本格的な「水素エネルギー社会」の幕開けと報道されています。尤も今すぐに購入予約をしても実際にMIRAIが納車されるのは数年度という話なので、実際に燃料電池車がある程度出回るのは相当に先の話になりそうです。また、燃料の水素を供給するステーション網が現時点ではほぼ存在せず、整備費用がペイするためには燃料電池車の普及が必要という所謂「鶏と卵」の関係にあるため、市販が先行する電気自動車とどちらが主流になるのか、正直言って疑問な点もあります。しかしここで書きたいのは別の論点です。
 燃料電池車は、燃料の水素を空気中の酸素と反応させてエネルギーを得るため、原理的には燃焼化合物として水しか生じず、その意味では確かにクリーンエネルギーです。しかしその燃料の水素はどうやって作られるのでしょうか。現在想定されているのは、水を電気分解する方法なのですが、これならそのための電気をそのまま使って走る電気自動車の方がエネルギー効率の面では遥かに効率的です。もちろん電気エネルギーを蓄える大容量の蓄電池が水素タンクよりも重くなるのでその分自動車が重くなるという事を考えれば一定の優位性があるものの、エネルギー効率の差を覆す程の差があるとも思えません。電気分解ではなく、炭化水素を改質して製造する方が筋が通っていますが、それも果たしてエネルギー効率的に見合うものなのが疑問です。また、水素製造をそれぞれの自動車で行う車上改質型は効率的とは思えません。
 こう考えると、燃料電池車が電気自動車に対してエコロジー的に優位であるとは到底言えないようで、「究極のエコカー」というフレーズは、「地球に優しい原発」と同じくらいに怪しい標語ではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク