エンケラドスの海底における熱水活動の証拠を発見

 新聞等でも報道されている土星の衛星エンケラドスに関するニュースについて、NASAのホームページにある記事をリンクしておきます。
Spacecraft Data Suggest Saturn Moon's Ocean May Harbor Hydrothermal Activity
 この種のニュースはとかくセンセーショナルな見出しが先行するものですが、今回の発見はあくまで地球の海底に見られるのと同様の地下マグマによる熱水活動が、エンケラドスの海底でも起こっているらしい、というものであり、生命そのものの発見に直接結びつくものではありません。それでももちろん生命の存在可能性を高める重要な発見である事は間違いなく、探査機による詳しい調査が求められるところですが、残念ながら現時点では土星系への新たな探査計画はまったく存在しないようです。
 地球以外で生命存在の可能性が高い天体といえば、一時はほぼ火星一択でした。その後恐らくカール・セーガンが木星の大気中に浮遊生命体が存在できる可能性を提示し、アシモフも自分の科学エッセイで木星をかなり強く押しています。この辺りの議論は恐らくオパーリンによる化学進化説とユーリー・ミラーによる実験が影響しており、木星の大気圏にはその条件が揃っているとされていたためでしょう。しかしその後生命の起源に関するオパーリン説は傍流となり、むしろ深海底の熱水口が生命起源の場所として注目されるようになりました。その説によって注目を集めているのがエンケラドスと木星の衛星エウロパです。両衛共に本来なら内部の熱を保てない大きさなのですが、母惑星の潮汐力と他の衛星による摂動による周期的な歪が熱を生み、表面の氷の下に深い海が広がっています。今回の発見は、単に氷が溶けて液体の水が存在しているだけではなく、マグマと水が接して熱水が噴出している事を示すものです。実際に有機物が発見されれば生命存在の可能性がまた一段階あがる事になるでしょうが、おそらくその検出のためには新たな探査機計画が必要でしょう。
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク