ソーラーセイル"IKAROS"

 今年五月に、金星探査機「あかつき」と同時に打ち上げられる予定の「IKAROS」は、超薄膜の帆によって太陽光圧を受けて進む日本初のソーラーセイル(太陽光帆船)実証機です。JAXA
 ソーラーセイルは、A.C.クラークの「太陽からの風」を始めとするSF作品にも登場する、太陽光の光圧を推進力とする宇宙船です。通常の化学ロケットやイオンロケットなどの反動推進エンジンの場合は、宇宙船に燃料と推進剤(両方が同じものの場合も多い)を搭載する事が必要ですが、ソーラーセイルの場合はそれがないので、理論上はいつまでも加速し続けられます。得られる単位時間当たりの推力が微小でも長期的に得られる速度は大きくなるため、無燃料にもかかわらず目的地が遠い場合には反動推進エンジンよりも有利な、夢の宇宙船です。
 上にリンクしたJAXAの記事には文章としては書かれていないのですが、asahi.comの記事を読むと、IKAROSは「金星の方向に向かう」ようです。asahi.com 確かに金星探査機と同じロケットに相乗りですから、その探査機とほぼ同じ軌道に乗るという訳なのでしょう。と言う事は、地球から見ると太陽の側に向かう事になりますが、ヨットでも風上に帆走可能ですから、この場合も問題ないのでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク