考古学崩壊 -- 前期旧石器捏造事件の深層 (竹岡 俊樹 著:勉誠出版)

  2000年11月に明らかになった「前期旧石器時代」の石器捏造事件の告発者が、事件によって壊滅的打撃を受けた日本の考古学界がどのように反省し何を学んだか、というより事件から14年間の間何も反省せず何も学ばなかった事を糾弾している著作です。ここで告発されている内容が真実なら、日本の考古学は学問ではない、少なくともまともな学問とは言えないでしょう。
 考古学会による事件の検証は「自分たちは非常に巧妙な手口の詐欺によって騙された被害者である」という主張に終始しているのですが、一方でその捏造を行った「詐欺師」である藤村新一氏自体は考古学の基本的な知識も持たない無知で純朴なアマチュアであったとも強調しています。常識的に考えてもこの両方の主張はつじつまが合わず非常な無理を感じるわけで、そのため一部では別に捏造の黒幕が居て、藤村氏は黒幕に言われるままに動いた操り人形であるという陰謀説が唱えられるほどでした。実際には、在野のアマチュアである藤村氏は学会の権威たちと同等の知識を持っており、だからこそ彼らを騙すためのポイントをしっかり抑える事ができたというのが著者の主張であり、学会の検証結果に比べてはるかに説得力があります。そう考えれば、自分たちの目が本物の石器と偽物とを見分ける事の出来ない節穴であり、自分たちのレベルは在野のアマチュアと同等であるという非常に不都合な事実を認めたくないが故の責任逃れの結果、学会の検証はあのような内容になったという事になります。 藤村氏が偽造を行ったのも、「学会で崇められている権威者たちは実際には石器について何も知らない無能ぞろいで、在野の自分の方がはるかに石器に関する知識があるのに、学歴がないために馬鹿にされているのは我慢できない」という鬱屈した感情から来た一種の復讐であったと考えれば納得がいきます。
 実はこの考古学会の醜態から連想したのが、「ソーカル事件」です。こちらの事件で「考えられるかぎり最悪の自滅行為」によって赤っ恥をかいたはずのポストモダン哲学者たちも、日本の考古学会と同様に何もなかったかのような顔をして事件以前と何も変わらない文章を発表し続けています。部外者には理解不能な小難しい用語を多用して、およそ検証不可能な理論を展開している点が両者共に共通な点であり、特に考古学においては本来なら正しく解釈された考古学的証拠に基づいた地道な議論が科学であるためには必要であるのに、それとは程遠い空中戦に終始している点が深刻です。
 なお、著者はこの本の中で、「石器の正確な観察」と対比して「自然科学による『科学化』」という言葉を用いて考古学への自然科学的手法を批判していますが、この点は必ずしも賛成しかねます。自然科学的手法と形式学的手法とは対立するものではなく、対等なもののはずです。何度も批判されている「層位は型式に優先する」という標語も、それ自体は「どんな精密で美しい理論であっても新たに発見された事実一つで覆されうる」という点では正しいのですが、この捏造事件で言えば「事実」が事実でなかった、それを見分ける能力あるいは術が考古学者にない点が問題です。例えばしばらく以前に、「真空中の光速を越える現象が観測された」という発表がなされた事件で言えば、その観測結果が本当に正しいのかを検証する作業が可能であり、実際その後になってケーブルの緩みが原因であった事が判明しました。もちろん発表者は恥をかきましたが、事件によって物理学がダメージを受ける事はありませんでした。また最近のSTAP細胞事件でも、発表結果が正しくない事が追試によって明らかにされたわけです。一方でこの捏造事件では、理論の裏づけとなるべき「発掘結果」が真実なのか捏造なのかを原理的に判定できない事を露呈した訳で、その点がまったく異なります。
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク