LCROSSによって検出された月面の氷

 「宇宙やSF」というブログタイトルに従って、実質最初の記事は、宇宙関連にします。
 既にさまざまなメディアで報じられていますが、NASAの月探査機エルクロス(LCROSS)による月面衝突実験によって、南極にあるカベウス(Cabeus)クレーターの底に、まとまった量の氷が存在することが確認されました。 NASA アストロアーツ
 月の極地方にあるクレーターには太陽の光が決して当たらない部分があり、その部分には月に衝突した彗星由来の水が氷の形で存在しているのではと、以前から推測」されていました。今回の実験でその推測が正しかった事が確認され、将来的に恒久的な月面基地を建設する際には、重要な資源となると考えられます。確かこの報道の少し以前に、日本のチームの観測により月面に大規模な洞窟が存在している事も示されており、大気も磁気圏もない月で隕石の衝突や宇宙からの放射線から人間を防護するのに絶好の場所であると報じられていました。その場所がやはり極地方だったかは記憶がはっきりしないのですが、もしそうなら月面基地地点の有力候補となるでしょう。
 ただし、以前のブログの記事に書いた通り、アメリカの宇宙戦略が今後軌道変更される可能性があり、月面基地の建設は、かなり先の話になりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク