回復したNew Horizons探査機からの新たな冥王星映像

 一つ前の記事に書いたように、冥王星最接近を目の前にして異常状態に陥って世界中の天文ファンをやきもきさせたNew Horizonsですが、どうやら機能を回復したようで、800万kmの距離から撮影された新たな冥王星の写真が公開されました。
Pluto from New Horizons, July 8, 2015
 左下の暗部は以前の観測ですでに見つかっており、仮に「くじら」と名づけられたもので、その右上の明るい部分が、今回の映像では大まかなハート型をしているのが解ります。冥王星最接近時には、この写真に写っている側を僅か12500kmの距離で通過し、これよりも500倍の解像度で観測される予定です。
 また、これより前の発表で、これまでに撮影された冥王星表面の写真をつないで一枚にした映像が公開されています。
New Horizons Map of Pluto: The Whale and the Donut
これを見ると、少し前に見つかった4つの暗点地形は、明るいハート型のさらに右側に並んでいる事が解ります。

スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク