氷三部作 (ウラジミール・ソローキン著:河出書房新社)

 氷三部作とは、現代ロシア作家ウラジミール・ソローキンによって今世紀初め(2002--2005)に書かれた「ブロの道」「氷」「23000」から成る一大サーガです。SFと分類しても問題ない気もしますが、やや幻想小説あるいは怪奇小説に近いかもしれません。
 1908年シベリアに落ちたツングースカ隕石の調査隊に加わって現地に到達して隕石の正体である巨大な氷に触れ、はるか昔から宇宙に存在していた「原始の光」である23000の魂が自分を始めとする地球の人間の中に閉じ込められている事を思い出した男(彼の「真の名前」がブロ)が、囚われた魂の開放のための「兄弟団」を立ち上げロシア革命以降のソビエトさらにソ連崩壊後のロシアを中心として暗躍するという展開は、一見すると例えばフリーメーソンによる世界支配といった陰謀史観系の話に見えます。しかしブロを始めとする「兄弟」たちは「肉」(彼らの言葉での通常の人間)の世界の出来事には基本的に無関心であり、政権内での暗躍も政治支配のためではなく単に「兄弟探し」の目的を容易に行うためです。その結果、スターリン政権下の大粛清や第二次大戦でのユダヤ人虐殺などには彼らの魂の宿った人間たちも巻き込まれ、例えば3番目に覚醒した「兄弟」であるデリーベス(実在の人物)はチェーカーの幹部としてブロたちの行動を助けますが、史実通りに最後は大粛清によって処刑され、彼の作ったチェーカー内の組織も大打撃を受けます。
 第一部「ブロの道」では、兄弟団の創設からその発展と降りかかる困難が主にソビエトの歴史に重ねて描かれているのに対し、第二部「氷」では、ソ連が崩壊して金がすべての世界に変わった現代ロシアにおいて、健康器具系の新興企業としての表の顔の裏でカルト集団としての活動を続ける兄弟団が描かれています。兄弟たちの魂の宿る肉体は金髪碧眼という著しい特徴があるものの、実際に魂が眠っているのは金髪碧眼の人間のごく一部であり、眠った魂を呼び覚ますのは拉致して心臓の上を氷のハンマーで殴打するという荒っぽい方法が必要です。そのため実際には兄弟たちの魂の宿っていない人間がこの処置を受けて死亡したり重傷を負ったりしており、第三部「23000」ではその被害者たちの立場から見た兄弟団が描かれています。兄弟団を密かに調査して彼らに復讐をするはずが却って囚われた通常人の男女二人は、隙を見て脱出するもののそれもまた彼らの手のひらの上で踊らされていたものでした。ついに23000の魂すべてを覚醒させた兄弟団は、ある無人島に集まって行う儀式に手助けが必要であり、二人はその役割を担わされます。その結果、どうやら23000の魂は目的を果たして地球から去るのですが、通常人から見ればそれは「人民寺院事件」と同様の、カルト集団による集団自殺そのものです。オウム真理教も日本以外で最も信者が多かったのがロシアであったように、どうもロシア人にとってカルトは結構波長が合うものなのかもしれません。
ところで「23000」のラスト近くで、ウフたち兄弟団メンバーが「氷の国」(ロシア)の首都を最終的に後にする場面ですが、レーニン廟に安置されている遺体の扱いに関するロシア議会での議論を描写しているのはもちろん間違いないでしょう。ただ、その場で議員たちによって歌われた「花に飛んでいく毛のふさふさした昆虫に関する歌」や「固定した家を持たず、夜になると闇の中fr気持ちのいいことをし合うために他の肉機械の元に急ぐ肉機械の娘に関する歌」、また「その昔四つ足の動物に乗って自宅から遠くに去り、帰り道を見つけられず、ゆっくりと凍死していった肉機械の歌」が具体的に何の歌なのかは見当がつかないのですが、どなたかご存知でしょうか?
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク