場所 (マリオ・レブレーロ著:水声社)

 「フィクションのエルドラード」は中南米作家の作品を集めた水声社の叢書ですが、今回紹介する「場所」はその一冊です。1982年に発表されたウルグアイの作家マリオ・レブレーロ(1940--2004)の中編小説で、「都市」、「パリ」と共に「意図せぬ三部作」と呼ばれています。訳者の寺尾隆吉氏はレブレーロを阿部公房に准えていますが、突然異常な世界に投げ込まれた主人公が周囲と意思疎通できぬまま彷徨うという展開から私が連想したのは、以前に紹介したミハル・アイヴァスの「もう一つの街」とカリンティ・フィレンツの「エペペ」でした。ただしこれらに比べると同じ不条理小説でも第二部以降の不条理度はやや低く、第二部では主人公と同様にこの場所に迷い込んだ現実世界の様々な人々と主人公は意思疎通ができていますし、第三部ではむしろ現実世界でもあり得るような暴力の不条理さが目立っています。さらに言えば、外が見えない奇妙な建物の中を一方方向にひたすら進むという第一部の展開自体も、一度体験した事を戻って再び体験する事ができない人生を象徴したものとも捉える事が可能で、そう考えると「もう一つの街」や「エペペ」とはかなり異なる現実世界の戯画的小説とも思えてきます。
 第三部で謎の都市を彷徨って瀕死の目に会った主人公は、いつの間にか元の世界で自分の住んでいたアパートにたどり着いていて、本来は現実世界に戻っているはずなのですが、そのアパートはすっかり荒廃していて誰もおらず外では機銃掃射の音がしたりと、本当に元の世界に戻っているのかは疑問が残ります。ただ、「振り返ってみれば私は、誰を愛することもなく、いつも余計者たちの間を動き回っていた。実は私にとって、私は余計者なのだ。この街、この家、あの場所、あの密林やトンネルと同じく、他人なのだ、余計者は私だったのだ。」という独白から考えると、元々彼が住んでいた街自体がラストに描写されているような荒廃した世界だったのを、それまでの彼は意図的に無視しており、異界から帰還した彼は改めてそれに気づいたという事なのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク