干支天使チアラット

 他のサイトで偶々存在を知って、このところマイブームのWebコミックです。すでに単行本化されて2巻まで市販されていますが、公式サイトでは最新話を含めて10話分と第1話を無料で読む事ができます。「セーラームーン」に代表される戦闘美少女チームものですが、メンバーがいかにも現代の女子中高生な上にいずれも性格が少し歪んでおり、また敵の怪人らの行動や攻撃が卑猥だったりとかなりパロディの要素を含みながら、一方でメンバーの精神的成長というこのジャンルの中心テーマもしっかり押さえている作品です。
 基本設定としては、干支の動物を決める際にネズミに騙されたネコが数千年の時を経て化け猫の化身として蘇り、ネコ抜きの干支に何の疑問も持たない愚かな人類を恨みや妬みのエネルギー(怨ネルギー)によって生じる「怨魔」を使って滅ぼそうとするのに対し、次々と覚醒する十二支の化身である干支天使(エトランジェル)がそれを阻止するという筋書きで、干支天使はそれぞれの干支の生まれの少女(少なくとも若い女性)というのがポイントです。変身後の姿がチアガールのコスチュームなので、メンバーの名前はすべて「チア〇〇」となっています。最終的には12人の干支天使が登場するのでしょうが、その場合メンバー間に最小でも12歳の年齢差が生じる事になります。
 他作品のパロディの部分がかなりシャレにならないレベルなので、どこかからの圧力がかかるのではと心配する声もあるようですが、私が気になったのはいくつかのネーミングセンスの方です。敵サイドではなく善サイドで「ジェノサイド」や「KKK」は、この作者の場合確信犯的にやっているのだろうと思いますが、ナチスのカギ十字と同じレベルに拙いのではないでしょうか。
 私が読んでいるのは公式サイトの公開分とWeb検索で読める単行本の一部のみなので未だストーリー全話は把握できておらず、さらにタレントには全く疎いために、モブとして登場しているのが具体的に誰なのか等はほぼ理解していません。とりあえず主要登場人物のみ紹介してみます。
根住野(ねずみの)レミ: 子の干支天使チアラットに変身する(ネズミだけに)「卑劣な性格」の高校二年生(17歳)で、最初に覚醒した事もあって年上のメンバーを抑えてチームのリーダーとして振舞っています。個人的には「卑劣な」というよりセコいといった方が実態に近いような気がしますし、回を追うにつれてリーダーとしての自覚が出てきて卑劣さはやや影を潜めているように感じます。むしろメンバーの行動その他にリアクションする際の福笑いレベルの百面相が印象的です。「今日がオマエの天チュー殺!」が決め台詞で、必殺技は両手に生じさせたエネルギーポンポンを敵にぶつける「ジェノサイドポンポン」。

牛尾くるみ: 丑の干支天使チアミルクに変身するレミのクラスメイトで、16歳という事は早生まれなのでしょう。どんくさく嫌と言えない性格が災いしてクラスメイトのパシリにされていたのをレミに助けられて覚醒したのですが、その結果レミに異常に執着していて新たな干支天使が加わる度に「レミが独占できなくなる」と嫉妬する性格の方が、「血を見ると温厚な性格が一変して暴走する」という二面性よりも怖い気がします。「ミルク」という名前からしても巨乳という設定なのですが、実際の画を見る限りシャノワールやめりのの方が胸が大きいように見えます。必殺技は、牛の角が一気に伸びて相手を突き刺す「ミルキーデスパイク」。

虎縞コハク: 寅の干支天使チアタイガーに変身する中学3年生(15歳)で、現時点での最年少メンバーです。子供のころに露出狂に出会って大人の男にトラウマを持った反動で重度のショタ好きだが、基本的にはいかにもな今どきのギャルであり、チームの中では比較的普通の性格です。レミの弄りに反発して飛び出したところで水のマンチカンにショタ好きの性格を突かれ、現33話時点では敵に回っています。必殺技は、大きな鉄の爪で相手を切り裂く「トラッシュキラーネイル」。

羊毛原(よもはら)めりの: 未の干支天使チアムートンに変身する、レミのクラスを担当している22歳の新米高校英語教師。教師としての自覚が全くなく、やる気のなさと無責任さと「面白い事が大好き」という困った性格の(一応)大人。どうやら実家はかなりの金持ちと思われ、そのため上流階級と色々なコネクションがある模様です。必殺技は、相手を耐え難い睡魔に襲わせる「ピュプノーシス・スランパー」。

羽鳥ひなた: 酉の干支天使チアレグホンに変身する、20歳のロックバンドのベーシスト。ロック以外に対しては真面な会話が成立しないレベルのかなりのおバカだが、ベースを手にすると性格が変わり中々カッコいい事を言ったりする。干支天使の姿では背中に短い羽が生え、舞い上がる事も可能。必殺技はベースを振り回して衝撃波を放つ「ルースターブラスター」。

卯月ニト: 33話時点ではまだ覚醒していないものの、おそらく卯の干支天使と思われる中学2年生14歳にしてアイドルグループKKK48のメンバー。純情そうに見えるが性的な妄想癖があるむっつりすけべ。

現時点での最年長メンバーはめりので、未登場の申・戌・亥の干支天使は彼女とレミの間の年齢なのは確実として、辰・巳・午がめりのより年上なのかそれともニトより年下なのかが興味あります。ニトが加わる事によって末っ子だったコハクのチーム内での立場が変わり、(おそらく)チームに復帰した時点で彼女もそれを自覚する事になるのでしょうね。それから、変身アイテムのエトランスベルは結構大きさがあるのですが、それぞれどこに隠し持っているのでしょうか。

ヌエ: チームのマスコット兼マネージャー役の謎の小動物で、主にレミにはひどい目に遭わされている。初登場時は漫画化されたモルモットのような姿だったが、新たな干支天使が覚醒するたびにその干支の動物を象徴するパーツが体に加わり、確かに「ヌエ」になりつつある。

リクルート仮面: セーラームーンに登場するタキシード仮面のパロディで、チアラットに付き纏うどう見ても真正の変態だが、その正体はどうやらレミのあこがれの人らしい。

ラング・ド・シャノワール: 悪の組織のボスである黒猫の化身なのだが、恐らく干支天使たちを凌いで読者人気一番と思われるグラマーな黒猫美少女。一人称が「わらわ」のお姫様キャラだがかなりの人見知りのコミュ障で、女子高生の制服姿や流行りに過度の憧れを持ち、それらを手に入れようとしばしば人間の姿で街中に出没している。変身していない状態のレミに偶然会って彼女に引き付けられており、自分の計画の邪魔をするにっくきチアラットと同一人物とは全く気付いていない模様。KKK48の熱狂的な隠れファンで、特に人気No.1のぱゆゆ押しが、コハクと被っている。

風のマンチカン: シャノワール親衛隊S4の一番手で、美青年だがナルシストで極度の露出狂。干支天使との闘いの敗北の責任を取らされて人間形態から猫に変身させられたが、シャノワールの胸元に抱かれてゴロゴロして餌ももらえるという身分は多くの読者には憧れかも。

大地のアビシニアン: シャノワール親衛隊S4の二番手で、マッチョな若い男だが極度のマゾヒスト。彼も敗北の責任を取らされて猫に変身させられた。

水のヒマラヤン: シャノワール親衛隊S4の三番手で、現在干支天使と対決中。見かけは甘え上手の小学生男子で、チアタイガーを誑かして味方に引っ張り込んだ。心理戦を得意とする頭脳派で、雰囲気的には先の二人よりも強敵と思われる。

恐らくヒマラヤンの後に、最後のS4として炎の(火の)〇〇が登場するはずですが、今のペースだと干支天使が全員登場する前にS4の方が先に全員片付けられてしまいそうです。そうなるとシャノワールが干支天使たちと直接対決に赴くのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ・コミック - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク